食関連

オリーブオイルが危険とされる理由は?どの銘柄が危険と言われている?

Pocket

「体にいい油」として知られているオリーブオイル。

ところが「オリーブオイル」で検索しようとすると、次に「危険」のワードが…。

実は、「オリーブオイル=体にいい」という認識は間違っているかもしれないんです!

最近の研究でも、オリーブオイルは大量に使用すると体に害があることが分かってきているんです。

これは一体どういうことなんでしょうか?

そこで今回はオリーブオイルが危険だと言われている理由、そして安心して使える良質のオリーブオイルはどれかということについて調べてみました。

ぜひ最後までご覧ください!

オリーブオイルは体にいいはず!危険とされる理由は何?

オリーブオイルといえば、「体にいい油」というイメージがありますよね。

ところが、オリーブオイルには「本物」と「偽物」があることをご存じですか?

みなさんが使っているオリーブオイルはもしかしたら「偽物」かもしれません…。

①オリーブオイルといえば、エクストラヴァージンオリーブオイルが有名!

オリーブオイルで有名なのは、エクストラヴァージンオリーブオイルですよね。

基本的にオリーブオイルは、オリーブの果肉から絞った油で作られています。

「エクストラヴァージン」というのは、果肉を絞った油をろ過して作られているもののことで、かつ化学処理が行われていないもののことを指します。

②「エクストラヴァージン」がすべて「本物」だとは限らない!

「じゃあパッケージに『エクストラヴァージン』って書いてあるものを選べばいいんだよね?」と思った方!

ちょっと待ってください!

パッケージに「エクストラヴァージン」と記載されているからといって、それが「本物」だとは限らないんです。

市販で売られているオリーブオイルのなかには、「精製された(化学処理された)オリーブオイルに少量のエクストラヴァージンオリーブオイルが混ざっているものも多いんです。

つまり、パッケージに「エクストラヴァージン」という記載があっても、その中身のほとんどは精製されたオリーブオイルかもしれないということです。

実は、日本以外の国々ではこうした「偽物」のオリーブオイルが出回るのを規制する法律もあるそうです。

ところが日本ではまだ厳格な規制がされていないので、「偽物」が簡単に出回ってしまうんですね。

オリーブオイルは体にいいはず!危険とされる国内メーカーはどこ?

スーパーに行くと、いろいろな種類のオリーブオイルが売られていますよね。

そのなかにも買わないほうがよいメーカーはあるんでしょうか?

ここでは、危険とされている国内メーカーのオリーブオイルについて調べてみました。

①ボスコ

イオンやスーパーに置いてあることが多いメーカーですね。

500ミリリットルで1000円しないぐらいなので、値段はとても安いです。

良質なオリーブオイルはある程度値段も高いことが多いので、あまりにも安いオリーブオイルは買わないことをお勧めします。

②味の素

こちらも有名なメーカーですね。

ビンに入っているものとプラスチックのケースに入っているものがあります。

値段も600ミリリットルで900円ぐらいなので安いですね。

パッケージを見てみましたが、コンクール受賞歴などもないので、あまりお勧めできるメーカーではないかもしれません。

オリーブオイルのおすすめは?スーパーでも買える良質オリーブオイル

オリーブオイルには「本物」と「偽物」があり、「偽物」が意外と多く売られているということも分かりました。

では、スーパーでオリーブオイルを買うときはどのような点に気をつけて選べばいいのでしょうか?

ここでは良質なオリーブオイルを選ぶためのポイントについてご紹介します!

①ビンに入っている

オリーブオイルは紫外線や光にあたると酸化が進んで風味が落ちてしまいます。

酸化を防ぐために遮光ビンに入っているものは安全性が高いと思っていいでしょう。

逆にプラスチックのケースに入っているようなものは買わないようにしてくださいね。

②産地や輸入先の表示

パッケージにオリーブオイルの産地や輸入先の表示があれば安心です。

「指定農園しぼり」など、良質なオリーブを栽培している農園以外は使用しないようにしているメーカーもあります。

③コンクール歴の表示

オリーブオイルは世界中で使われているものなので、その品質を競い合うコンテストやコンクールなども数多く開かれています。

そうしたコンテストやコンクールの受賞歴が記載されていれば安心です。

オリーブオイルは本物を選びたい!みんなが納得のおすすめの銘柄は?

「本物」のオリーブオイルを選ぶ際の注目ポイントをまとめてみましたが、良質なオリーブオイルが買えそうですか?

ここでは参考までに、みんなが選んでいるオリーブオイルのおすすめの銘柄をご紹介します!

エキストラヴァージンオリーブオイル フルクトゥス


アルドイノ エキストラヴァージン オリーブオイル フルクトゥス 750ml

プロが愛用しているものなので、美味しさはお墨付き!

果実ジュースのようなフルーティーな口当たりも人気です。

味にクセや刺激がないので、どんな料理にも使えます。

商品についてもっと知りたい方はこちらから詳しく見ることができますよ。

アルドイノ エキストラヴァージン オリーブオイル フルクトゥス 750ml

エキストラバージンオリーブオイル プレミアム


Murado(モラード)モラードエキストラバージンオリーブオイル マイルド500ml

こちらの商品はミネラルがたっぷり含まれているのが特徴。

傷がついたり地面に落ちてしまったオリーブの果実は使わないようにするなど、徹底して品質にこだわっています。

商品についてもっと知りたい方はこちらから詳しく見ることができますよ。

Murado(モラード)モラードエキストラバージンオリーブオイル マイルド500ml

まとめ

今回はオリーブオイルが危険と言われている理由や、良質なオリーブオイルの見分け方についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

油はほとんど毎日摂取するものなので、できるだけ体によいものを選ぶようにしたいですよね。

良質なオリーブオイルを選ぶためのポイントもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめ記事:デキストリンとは何?食品添加物なの?原料は?摂って安全?

おすすめ記事:市販の食パンの原材料に含まれる添加物の役割と安全性について

デキストリンとは何?食品添加物なの?原料は?摂って安全?

お菓子やドレッシングなど多くの食品のパッケージに記載されているのが「デキストリン」。 このデキストリンとは一体何なのでしょうか? 多くの食品に使われているので、口にしても大丈夫なのか安全性は高いのか気 ...

続きを見る

市販の食パンの原材料に含まれる添加物の役割と安全性について

安くて、しかも美味しい食パン。 スーパーに行けば、いろいろなブランドの食パンが売られていますよね。 忙しい朝やご飯を炊く時間がないときにもとても重宝します。 そんな食パンですが、市販のものには添加物が ...

続きを見る

 

-食関連