トレンド 食関連

【地球グミ】本物と偽物の見分け方!味や見た目を比較してみた!

地球グミのぼかし画像01
Pocket

本家本元の地球グミ。いわゆる本物と言われている地球グミの正式な商品名は『トローリ プラネットグミ』です。

2018年に韓国のユーチューバーがアップした動画がきっかけで、日本でもJCJK調査隊が選ぶ「2021上半期JC・JK流行語大賞モノ部門」で第1位になるなど若い世代に大ブームが起こっています。そのため本物の地球グミが売り切れて次回入荷も未定の店舗が続出しているんです。

また、このブームに便乗しようとばかりに、本家本元の地球グミに似せた模倣品が続々と登場しているようです。ネット上で確認できただけでも「地球糖」「小鹿大大」「流心地球」「流浪星球軟糖」の4銘柄がありました。

ネットの口コミでは
「本物かと思ってネット通販で注文したら偽物が届いた」
「本物と偽物の違いがわからないから怖くて買えない」
という声も。

そこで、今回は実際に本物と偽物を購入して見た目や味などの違いを検証してみました。

本物と偽物の見分け方も紹介していますので、購入の際の参考にしていただければ幸いです。

因みに私が購入した本物(韓国版)と偽物の地球グミ(地球糖Tera)は以下のサイトから購入しました。

>>私が購入した本物の地球グミはこちら

>>私が購入した類似品の地球グミはこちら

ネットで見つけた地球グミの偽物たち

まず、偽物の地球グミにはどんなものがあるのか、ネットで見つけたものだけで8種類もありました。凄いですね。これは気づかないうちに偽物を買ってしまってる方もいるんでしょうね。

こちらは「地球糖」の地球グミですが、個別ケースに文字が全く入っていないタイプです。大陸だけが印刷されています。

 

こちらは、同じ「地球糖」でも個別ケースに地球糖の文字と大陸が印刷してありますね。

 

今回比較のために購入した地球グミです。こちらも「地球糖」ですが、個別ケースにはTeraの文字と大陸が印刷してあります。

 

こちらも「地球糖」です。個別ケースには星玉軟糖』の文字とと大陸が印刷してありますね。

 

ことらも「地球糖」です。個別ケースにはTerriの文字がありますね。パッケージに入ってないと、これが一番間違えやすいかもしれませんね。

同じ地球糖でもこんなに何種類も個別ケースを変えて販売しているんですかね。もしかしたら、商品画像と送られてくる商品のデザインが違ったりするかもしれませんね。

そしてこちらが「爆?地球軟糖」で個別ケースには小鹿大大の文字が印刷されています。

 

そして次に「流心地球」。個別ケースには大陸だけが印刷されています。

 

これで最後です。「流浪星玉軟糖」で個別ケースに文字はありませんが、グミ本体が青と白のまだら模様ですぐに偽物とわかりますね。

それにしてもたくさんありますね。

本物の地球グミとは?

本物と偽物を見分けるためにはどの商品が本物なのかを知らないといけません。こちらで本物をしっかり確認しておきましょう。

本物の正式な商品名はなに?

本家本元の地球グミの正式名称は『Trolli Planet Gummi(トローリ プラネットグミ)』です。

通常版以外に韓国版(韓国語バージョン)とUSA版(英語バージョン)があるようですね。

本物の製造元や生産地はどこ?

製造元はドイツの代表的なお菓子メーカーの『MEDERER(メデラー)社』。生産はスペインの工場で行われています。

本物と偽物は見た目の違いで見分けよう!

・パケージで見分ける
今のところ本物はパッケージに『Trolli』と表記されています。この表記があるかないかで本物と偽物の見分けがつきます。

・個別ケースで見分ける
本物は地球グミひとつひとつのケースに『Trolli』と表記されています。地球グミ単体で判断する場合は個別ケースに『Trolli』の表記があるかないかで見分けがつきます。

これさえ確認できれば見分けがつくので、とても簡単ですね。

※2021年12月15日現在、「Trolli」のロゴが入った偽物情報は確認していません。

地球グミの本物(韓国版)と偽物の違いを徹底比較

それでは、ここからは今回購入した本物の地球グミと偽物の地球グミを比較していきましょう!

今回購入した地球グミはこちらです。
↓ ↓ ↓

トローリ プラネットグミと地球糖

左が本家本元の地球グミ『Trolli Planet Gummi(トローリ プラネットグミ)』(韓国版)5個入り、右が偽物の『地球糖』30個入りです。

生産地を比較

まずは、それぞれの産地を見ていきましょう。

本物の生産地はスペインです。韓国語なので分かりづらいですが、原産地がスペインと表記してあります。
↓ ↓ ↓

Trolliのパッケージ裏側02

そして、偽物の生産地は福建省(中国)です。
↓ ↓ ↓

地球糖の概要

見た目を比較

パッケージ

パッケージには袋タイプ、ボトルタイプ、箱タイプなどがあるようですが、いずれにしてもパッケージに書かれている商品名が全く違いますね

トローリプラネットグミのパッケージ

地球糖のパッケージ

個別ケース

それでは、地球グミそのものを比べてみましょう。まず、個別ケースです。

地球グミの個別ケースに入った本物と偽物

本物には『Trolli』、偽物には『Tera』と印刷されています。

グミ本体

つぎに、個別ケースから地球グミを取り出してみました。

ケースの開封は本物は簡単に開けることが出来したが、偽物は手では空けられないくらい硬かったです。ですので歯で噛んで開けました。

地球グミの本物と偽物と個別ケース

上の画像でもわかるように本物は綺麗な球体ですが、偽物は歪で雑な作りですね。

大きさは偽物の方がほんの少し大きいかなといった感じ。

指でつまんだ感じは、本物はマシュマロよりは少し硬い感じで、偽物は本物より少し硬い感じです。

 

次に、中の状態を見るために、ナイフでカットしてみました。※うまく切れなくて見づらいですがご了承ください。

地球グミの本物と偽物1/2にカット

本物の方はソース用の空洞がほぼ真ん中に空いているのですが、偽物の方は片側に寄った状態で空いていますね。やはりこれも雑というか…

ソース

地球グミから取り出したソースがこちらです。

地球グミの本物と偽物のソース

両方ともラズベリー色のソースですが、偽物の方が少し薄めの色。

食感を比較

商品名 トローリ プラネットグミ 地球糖(Tera)
グミ本体 マシュマロよりは少し硬め、モチモチとした感じ 本物より少し硬め、モチモチとした感じ
ソース 粘り気あり 粘り気あり

 

匂い・味を比較

商品名 トローリ プラネットグミ 地球糖(Tera)
グミの匂い 芳香剤?ガム?のような匂い 匂いの系統は本物と同じだが匂いは薄い
グミの味 少し甘みがある 少しの甘みと少しの酸味がある
ソースの匂い ベリー系の匂い ベリー系の匂い
ソースの味 ベリー系の味 ベリー系の味

食べてみた感想は、とにかく本物も偽物も甘すぎ!1個も食べれば十分ですね。今回は比較するために6個も立て続けに食べたので、気持ち悪くなってしまいました。それくらい甘いです。

味に関しては本物の方はいかにも海外のお菓子というか、味も匂いも濃いめ。偽物の方が日本人の舌に合っているように思いました。

成分を比較

【原材料】

トローリ プラネットグミ 地球糖(Tera)
ぶどう糖液糖(小麦を含む)、砂糖、ぶどう糖、ゼラチン/酸味料、香料、光沢剤、着色料(ニンジンジュース、青1、コチニール色素、カロテン) マルトースシロップ、ホワイトシュガー、食用デキストロース/食料ゼラチン寒天、クエン酸、DL-リンゴ酸、硫酸カリウム、食用植物油、食用フレーバー、食用着色料(レモンイエロー、サンセットイエロー、ブライトブルー、アリューレッド、二酸化チタン)

【栄養成分】

トローリ プラネットグミ
1個あたり(18.75g)
地球糖(Tera)
1個あたり(20g)

エネルギー:57.25kcal
タンパク質:0.725g
脂質:0.05g
炭水化物:13.5g
食塩相当量:0.05g

エネルギー:71.32kcal
タンパク質:0.94g
脂質:0g
炭水化物:16.62g
食塩相当量:0g

価格を比較

トローリ プラネットグミ

15個(5個入り3袋)2870円(税込)→1個あたり191円

地球糖(Tera)

30個入り1860円(税込)→1個あたり62円

偽物は本物の値段の1/3ほどで購入できてしまうので、かなり安いですね。

因みに本物の一般的な価格なんですが、4個入り594円(税込)→1個あたり149円です。

今はリアル店舗では人気の商品と言うこともあって入手が困難です。そのためかネットだとかなり高額で販売しているショップが多いですね。

本物と偽物を比較したTwitterの口コミ

Twitterの口コミでは味に関するツイートが多いですね。そして、好みには個人差がありますので、賛否両論ですね。

本物と偽物がわかりやすい動画を発見!

地球グミの本物と偽物を詳しく比較している動画があったので載せておきますね。

 

まとめ

今回は本物と偽物の違いや見分け方についてご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

本物と偽物の違いは『Trolli』の表記があるかないかで見分けられるのでとても簡単ですね。

グミそのものや中のソースに違いはあるもののどちらもそれぞれに美味しいとの口コミも多数あります。本物の方は個人差があり美味しくないとの口コミがあったのに、偽物の方を美味しくないと言っている方は見つかりませんでした。偽物の味の方が日本人向けなのかもしれませんね。

食べ比べてみた個人の感想としては、偽物の方が好みの味でした。味を楽しみたいだけなら値段が安い偽物で十分かなといった感じですね。

本物と偽物どちらがいいかは個人差があるとは思いますが、いずれにしてもこの記事を参考にあなたが欲しい方を間違えずに手に入れられますように。

本物が欲しい方は楽天市場のこちらのショップがおすすめです!※とても人気のショップなので売り切れてたらごめんなさい。

偽物で良いという方は通販サイトqoo10がおすすめです!※本物も売っています。

>>通販サイトqoo10

それにしても、
地球グミがなぜこんなにも人気があるのでしょうか?詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
地球グミってなぜ人気なの?SNSでバズった理由を徹底調査!

2018年、韓国のユーチューバーが地球グミを食べる様子の動画を投稿したのがきっかけで、日本でも2020年ごろからYouTubeやTikTokで地球グミの動画が急増! どんなものか気になって探してはみる ...

続きを見る

 

-トレンド, 食関連