言葉

延べ人数とはどんな意味?実人数や約との違いを徹底解説

Pocket

延べ人数』!これはニュースなどでよく耳にしますが、人数を数える時によく使われる言語です。

延べ人数って具体的にはどんな意味なんだ?」「そもそも延べって何なの?」と思った事、ありませんか?

今回はそんな貴方の為に、『延べ人数とは何なのか』、『実人数や約とどう違うのか』を解説していきたいと思います。

ニュースで見ていても意味の分からない言葉って気持ち悪いですし、ここでどんな意味なのか把握してすっきりしちゃいましょう!!

それでは早速参ります!!

延べ人数の意味と実人数との違いとは?

延べ人数は人数計算などの総計に使われる

極端な例ですが、二日間のイベントを開いたとして、一日目も二日目も同じ人100人の観客が参加したとします。

この場合、実際にイベントに訪れた人数の合計は100人ですが、延べ人数の場合、『実際に訪れた人数の合計』ではなく、『二日間に訪れた人数の合計(総計)』を指します。

この為上の例の場合は200人が正しい延べ人数であると言えます。

指定された日数の分、重複した人数もそのまま数えるもの、と覚えると解りやすいかもしれません。

実人数と延べ人数の関係性

『実人数』は延べ人数の対義語になります。

これは、上の例でいうなら、『実際に訪れた人数の合計』を示すもので、重複せずに計算される為、同じ人は二日目以降数に入りません

つまり、実人数は100人ということになります。

延べと約の違い

延べと約とは違うものなのだろうか?

数字を表す言葉として、延べ以上によく使われるもので『』という言葉があります。

これは「おおまかに」「おおよそ」といった意味合いの言葉で、半端な数字などをキリのいい数字で表現したり、はっきりとしない、曖昧な数字をキリよく表現するのに使います

延べとは、重複するものも含めての総計の事を指しますので二つの言葉は全く意味が異なるものとして考えましょう

意味そのものが違いますが対義語という訳ではない為、『延べ人数は約200人』といった使い方もできます。上手く使いこなしましょう!

延べ人数の使い方は?

延べ人数の使い方ですが、これは主に『こんなに沢山お客さんがきてくれたよ!』とアピールするのに使う言葉です

この為、遊園地やイベント会場などで、来場者数を発表する際によく使われます

実人員と違い、額面の数字がとにかく大きく見える為実数以上に人気や評判などが大きく伝わりやすいのが強みです

人数を少なく見せたい時には不向き

逆に、人数を抑えめに発表したい場合には、延べ人数はあまり向いていません

できるだけ数字を小さく見せたい場合は、延べ人数ではなく実人員を使うようにすると良いでしょう

実人員は正確な人数を示す数字の為、情報として数字を正確に伝えたい場合などにも役に立ちます

色んな延べの使われ方

面積を表す場合の延べ

例えば建物の床面積を調べた際に、『延べ200平方メートル』と紹介されていたとします。

この場合は、延べという言葉が付いていても重複する訳ではなく、単純に『全部の床面積で』という意味で考えるといいとされています。

延べの意味は『総計』ではありますが、重複部分が存在しなければ『合計』と考えても差し支えないのです。

時間を数えた場合の延べ

飛行機や電車、車での長距離移動の際に、その移動に費やした時間などを数えて『延べ〇時間』と書く事もありますが、これは『その期間中移動に費やした全ての時間の合計』と考えると解りやすいと思います。

例えば車で移動し、合間に休憩時間を挟んだ場合、休憩までの連続しての移動時間が1時間でも休憩後1時間運転すれば、延べ2時間の運転時間となります

飛行機などで、『延べ100時間のフライト』となっていれば、連続してフライトし続けた時間ではなく、一定の時間内全てのフライとした時間がこれにあたる訳です。

現場作業などに使われる日延べ

これはここまでの延べの意味とは異なるのですが、よく使われる言葉ですので一緒に紹介したいと思います。

日延べ』とは、ある物事を延期する際、あるいは延長したい際に使われる言葉です

例えば道路工事などで、雨が降ってしまってその日に作業できない、延期するしかない、といった際に『雨が降ったので日延べになった』などと使われます。

また、同じように道路工事でも、今のままでは工期が間に合わない、工期を延長するしかない、といった場面でも、『日延べにする』と使います。

こちらは延長の意味合いであって、延期の意味合いではありません

それ単体では延期とも延長ともとれる意味の為、文の前後をちゃんと読んで、間違えないようにしましょうね。

気を付けた方が良い『延べ』の使われ方

延べ』は主に新聞やニュースなど、情報を扱う場面で使われる事の多い言葉ですが、時には気を付けなくてはいけない場面もあります。

それは、『延べは印象操作に使われやすい言葉である』という事。

上の方の見出しでも紹介した通り、延べ数で発表する事で、読む人に実数よりも沢山の数の印象を、与える事が出来てしまいます

それがいいニュースに対してならいいのですが、時として情報を伝えたい側が、その情報をより強いメッセージとして表現したい場合に、延べという言葉を使う事があるのです

例えば何かを批判したい時に、Aという場所に抗議に訪れた実際の人数が10人いて、同じ10人で10日間抗議を繰り返されたとします

この場合、何日かけようとも、実人員で10人しか抗議に参加していませんが、延べ人数で発表されれば抗議した人数は100人になります

お判りでしょうか?

そう、『延べ』という言葉は、使い方によっては人数を都合よくかさ増ししたように見せる為の、数字のトリックとして使えてしまうのです

当然、Aという場所に対し批判的な記事を書きたい人なら、延べ人数を使って「この場所に延べ100人も抗議の人が集まった!」と書く事でしょう。

知らない人なら「そんなに沢山抗議に訪れたのか」と、Aに100人も訪れたのだと思い込んでしまうでしょう

このような使われ方をされる事もあるので、『延べ人数でという言葉が出た場合は注意深く聞くと良いでしょう。

まとめ

確かに耳にするけれど、意味はよく解らない言葉。

延べ人数というのは、筆者にとってそんな存在でした。

ニュースなどで聞くと「ほーそんなに来てるのか」と思ったりしていましたが、まさか実際の人数とは違う計算だったとは

意外とこういう事って、多いんじゃないでしょうか。よく解らないけどよく使われている言葉。

そして、知らないままだと、知らず知らずのうちに印象操作されていたり……怖い!とにかく、知る事ってとても大切だと思います。

延べ』も、使い方さえわかればとても便利な言葉ですので、言葉に乗せられるのではなく、上手く活用して役立てていきましょう。

これでもう、延べの意味で悩む事はありませんね!!

おすすめ記事
周知
「ご周知ください」ってどんな意味?正しい使い方と例文をご紹介

普段は使わないけど、社会に出るとたまに聞く言葉って色々ありますよね。 『お含みおきください』『忌憚のない』など、日常会話ではあまり使われる事はないんですが、ビジネス文書や会議の場では使われていて、調べ ...

続きを見る

-言葉