Pocket

工作、DIY、ダンボールの開封のさいに、
カッターナイフを使ったことがある
という方はたくさんいると思います。

ですが、カッターナイフの
刃の折り方がわからない方や、
折ったことない方が意外と多いようですね。

そこで今回は、
カッターナイフの刃の折り方、
折る時期、捨て方などについて紹介します。

スポンサードリンク

カッターの刃の折り方と時期の目安!刃を新しくすれば切れ味も復活?!

カッターナイフの刃を折る時期ですが、
まず、切れ味が悪いなと感じたら、
すぐに折りましょう。

回数としては、
10から20回ほどの使用で、
切れ味悪く感じます。

また、
刃こぼれした場合もすぐに折りましょう 。

切れの悪いカッターを使うのは危険です。

迷わず折っていきましょう。

カッターの刃はこまめに折って、
切れ味をよくしておくことが、
カッターナイフを安全に使うポイントでもあります。

折り方のオーソドックスな方法は、
カッターナイフ本体の下の部分に、
刃を折るための付属品がついています。

その付属品を使って折ります。

付属品を使った刃の折り方
  1. カッターナイフから付属品を外します。
  2. 付属品の溝に、刃を線に合わせて差し込みます。
  3. そのまま、刃の線が付いている面の反対側に折ります。

カッターナイフの刃を折れば、
またすぐに新品同様な切れ味に戻りますよ。

スポンサードリンク

お役立ち情報?カッターを折る時ペンチを使えば刃が飛ばず安全?!

カッターナイフによっては
付属品がついていない事もあります。

そこで使うのが、ペンチです。

ペンチを使えば刃を飛ばさずに、
カッターナイフの刃を折ることができます。

では、折り方を紹介しますね。

ペンチを使った刃の折り方
  1. カッターナイフの刃の一枚分を線に合わせて、くり出します。
  2. 利き手でペンチを持ちます。
  3. 刃の線が並行になるように、ペンチを挟みます。
  4. ペンチとカッターナイフをしっかりと握ります。
  5. 板チョコを割るぐらいの力加減で、外側にひねります。
  6. パチンと音がしてきれいに折ることができます。

※刃を飛ばないよう安全に折るためには、刃をしっかりとペンチで挟むことが重要です。

下の動画にてやり方を詳しく紹介していますので、
カッターナイフの刃をペンチで折るときの、
参考にしてください。

 

もし、それでもペンチを使うのは、
不安だと思う方は、
下のような便利商品もあります。

 

オルファ 安全刃折処理器ポキ 133K


オルファ(OLFA) 安全刃折処理器ポキ 133K

カッターナイフの刃の線に合わせて、
差し込み口に、刃をさして折るだけで、
刃はそのまま容器の中に入るので、
刃が飛ぶ心配がなく安全に使えます。

スポンサードリンク

カッターの折った刃の捨て方はどうする?!地域のルールに従って処分

折った刃の捨て方は自治体によって変わります。

以下の三つに分かれていることが多いです。

  • 燃えないゴミ
  • 資源ゴミ
  • 危険物
燃えないゴミでの捨て方

多くの自治体は「燃えないゴミ」として扱っています。

カッターナイフの刃をそのまま捨てるのは危ないので、
新聞紙などに包んでテープで止めてから捨てるようにしましょう。

資源ゴミでの捨て方

自治体によっては、
カッターナイフの刃が金属である場合は、
「資源ゴミ」として扱って処分する場合もあります。

「危険」「注意」などの貼り紙、記載をしておいた方が、
回収業者の方がケガをするリスクを避けられます。

「資源ゴミ」として捨てる場合の、
処分方法は各自治体の分別回収方法を確認してください。

危険物としての捨て方

カッターナイフの刃は、
「危険物」として扱っている地域もあります。

新聞紙や袋に入れ、
「危険」「注意」「刃物」などの注意書きの貼り紙や、
記載をするように、定めている地域もあります。

いずれにしても、
カッターナイフの刃を捨てるときは、
各自治体のルールを確認して、
処分してください!

スポンサードリンク

まとめ

今回はカッターナイフの折り方について
紹介しましたが、いかがでしたか?

カッターナイフの刃は、消耗品なので
ポキポキこまめに折ることで、
切れ味を維持できます。

切れ味が悪いなと感じたら
カッターナイフを安全に使用するためにも、
迷わず折ることが大切です。

切れ味のいいカッターナイフを使えば、
工作やDIYなども
より一層、楽しくなるのではないでしょうか。

カッターナイフの扱いはくれぐれも注意して、
この記事を参考にして、
カッターナイフの刃を折ってみてください。

スポンサードリンク