Pocket

女性が妊娠をすると、
さまざまな体調の変化があります。

妊娠による体調の変化で代表的なものが、
つわりです。

つわりがひどいと、
食べられるものがあまりないと
悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

つわりの症状は人によってさまざまなので、
これがいい!とは
一概には言えないのですが、

今回の記事では、先輩ママさんたちが、
つわりがひどいときは、
何を飲んだり、食べたりしていたのか
まとめましたので、
ぜひ最後までお読みください。

スポンサードリンク

つわりがひどくても、食べられる栄養のあるものをランキング

つわりがひどいときは、何も食べたくない、
美味しく感じないなどがありますが、
ご自身のため、お腹の赤ちゃんのためにも、
栄養のあるもの食べたいですよね。

つわりがひどくても、
これは食べられたという食べ物を
ランキングで紹介します。

第1位 トマト

つわり中によく食べたと多く聞くのが、トマトです。
トマトの酸味がつわり中の、むかむかを軽減してくれるようです。

第2位 ジャガイモ

妊娠中はフライドポテトばっかり食べたという話もよく聞きます。
体のことを考えるとフライドポテトは油分や
塩分が多いので食べ過ぎは注意が必要です。
マッシュポテト、ふかし芋などがおすすめです。
じゃがいもは妊婦さんに欠かせない葉酸が豊富です。

第3位 果物

イチゴ、リンゴ、グレープフルーツなど
人によって好みは違ったようですが、
冷やして食べるとサッパリして
つわり中でも食べやすくなったようです。

第4位 梅干し

やはり妊娠中は、酸っぱいものが食べたくなるのですね。
酸っぱいもの代表といえば、梅干しです。
塩分が気になるので食べ過ぎないようにしましょう。
減塩タイプがおすすめです。

第5位 うどん・そうめん

消化がよく、のどごしがいいので食べやすいです。
調理も簡単なので、
体調が悪くて料理ができないときに重宝します。

第6位 アイス・ゼリー

冷たくて、サッパリして気持ち悪さを軽減してくれます。

第7位 パン

つわり中は、ごはんがダメになったという方が、
パンなら食べられたという方が多いです。
ジャムや、バターなどはつけない
シンプルなパンが食べやすいです。

第8位 酢飯・冷えたご飯

暖かいごはんはダメだけど、
冷えたごはんなら大丈夫だったという声も
たくさんあります。
同じように酢飯は冷えていますし、
お酢でサッパリしているので、
食べやすいメニューです。

このようにランキングを見てみると、
サッパリしたもの、酸味があるもの、
冷たいものが、つわり中でも
食べやすいものとして挙げられます。

スポンサードリンク

つわりがひどくても、においが気にならない飲み物ランキング

妊娠して、つわりがひどいと、
においに敏感になります。

つわり中でも飲みやすい、
よく飲んでいたという飲み物を紹介します。

第1位 炭酸水

炭酸水。
これは圧倒的に多かったです。
炭酸によるシュワシュワが口の中サッパリしてくれます。
甘味があると気持ち悪くなるという声も多く、
無糖の炭酸水やレモンの炭酸水が人気で飲みやすいようです。

第2位 ルイボスティー

ルイボスティーは、
ハーブティーの中でも癖が少なく飲みやすいです。
カフェインレスで、亜鉛、鉄分、
カルシウムなどが含まれていますので、
妊娠中には積極的に飲んでいただきたい飲み物でもあります。

第3位 果物・野菜ジュース

果物や野菜ジュースはお好みで変わりますが、
「柑橘系のジュースがサッパリして飲みやすかった」、
「リンゴジュースは、のどこしが良くて飲みやすかった」
などの声があります。

第4位 乳酸菌飲料

カルピスやヤクルトの酸味が飲みやすかった
という声がありました。
乳酸菌飲料は、腸内環境を整えてくれるので、
妊娠中便秘に悩まされている方は、
飲んでみるといいかもしれませんね。

第5位 スポーツドリンク

つわりで、よく吐いてしまうという方は、
スポーツドリンクがおすすめです。
ミネラルが補給できますし、脱水も予防できます。

飲み物も、やはりサッパリとした物が好まれていますね。

スポンサードリンク

どうしても食欲がわかないときの対処法

 

つわりひどくて、
食欲がわかない時の対処法を紹介します。

  • 食べられるものを食べる

つわり中は、
何が食べられるか個人差がありますし、
日によって変わることもあります。

妊娠中は栄養のあるものを食べたいところですが、
体調が悪いときは栄養バランスよりも、
食べられるものを食べたほうがいいです。

  • 酸味のあるもの食べる

先ほど紹介したランキングの中にも
酸味があるもが多かったですが、
酸っぱいものを食べると
唾液が分泌されるので、
食欲が増す効果があります。

  • 生姜を食べる

生姜には吐き気を抑える効果があります。

  • サプリメントを飲む

サプリメントを飲んで、
栄養素を補給するというのも一つ方法です。

妊娠中は、葉酸やビタミンが補給できる
サプリメントがいいでしょう。

妊娠中にのめないサプリメントもあるので、
病院に相談してから飲むようにしてください。

  • 水分補給をする

どうしても食べたくない時でも、
脱水予防のため水分補給はしっかりと心掛けてほしいです。

スポーツドリンクがおすすめです。

  • 病院を受診する

水分も受け付けない、
体重が一気に減るなどの症状がある方は、
病院を受診してください。

スポンサードリンク

まとめ

つわり中は、ほんとに体調が変わりやすいです。

昨日まで食べられたものが、
急に食べられなくなったり、
一つの食材しか受けつけなくなったりと、
さまざまです。

個人差がありますので、体調をみながら、
食べられそうなものを選んで食べてください。

この時期は自分の身体を優先するようにしましょう。

妊娠は病気じゃないからと、
ついつい我慢してしまいがちですが、
我慢せずに体調が悪いときは休むようにして、
辛いつわりを乗り越えてくださいね。

どうしても辛いようなら病院に相談をしましょう。

スポンサードリンク