さんまのはらわたは食べたほうがいい?!美味しい食べ方は?
Pocket

 

秋はさんまが美味しい季節ですよね~

 

みなさんは、いつもさんまのはらわたは食べていますか?

 

「苦みがあるので食べない」とか、

「いつもはらわたは取り除いてから料理してる」

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

実は、さんまには身だけではなく、

はらわたにも栄養がたっぷり含まれているんです。

 

せっかくなら食べなきゃもったいないですよね!

 

そこで今回は、さんまのはらわたに含まれる栄養と

はらわたを使った珍味レシピをご紹介します。

 

ぜひ最後までご覧ください!

 

[quads id=1]

 

さんまのはらわたにはこんな効果があった!

 

さんまのはらわたにも栄養があるなんてびっくりですよね。

 

こちらでは、その主な栄養素をご紹介します!

 

  1. レチノール

    化粧品の裏の成分表に、
    「レチノール」と書かれているのを見たことはありませんか?

    実は、レチノールは美肌に効果がある栄養素なんです。

    コラーゲンの生成を促進したり、
    肌のターンオーバーを促したりしてくれるので、
    女性に嬉しい栄養素ですよね。

  2. ビタミンB12、鉄分

    ビタミンB12は赤血球の生成を促してくれるビタミンで、
    鉄分と一緒に取ることで貧血を解消してくれます。

    貧血の方は、意識してさんまのはらわたも
    食べるようにすると良いかもしれません。

 

[quads id=2]

 

さんまのはらわたを美味しく食べるために気をつけてほしいこと

 

なぜさんまのはらわたは食べることができるの?

 

さんまのはらわたには

たっぷり栄養が含まれていることが分かりましたね。

 

でも、普通の魚の内臓は食べませんよね。

 

そもそも、さんまのはらわたって食べても大丈夫なんでしょうか?

 

結論から言えば、さんまのはらわたは食べることができます。

 

さんまのはらわたは、

他の魚のように胃や腸が分かれておらず、

一本の消化管しかありません。

 

なので、さんまは自分が食べたものを

わずか30分で消化してしまいます。

 

そのため、さんまが食べたものや排泄物は

内臓に残ることがなく、いつも新鮮な状態なんです。

 

だから人間が食べても体に害はないというわけです。

 

[quads id=4]

 

食べる前に気をつけてほしいこと

 

でも、食べる前に気をつけておいてほしいことがあります。

 

それは、新鮮なものを選び、きちんと加熱するということです。

 

魚の内臓には「アニサキス」という

寄生虫の幼虫がひそんでいる可能性があります。

 

このアニサキスを間違って食べてしまうと、

激しい腹痛をおこしてしまうからです。

 

アニサキスは60℃で1分、

70℃以上で一瞬加熱すれば、死んでしまいます。

 

死んでしまったアニサキスは食べても体に害はないので、

とにかく十分に加熱することをこころがけましょう。

 

新鮮なさんまの選び方のコツは以下の通りなので、

ぜひ参考にしてみてください。

 

  • 新鮮なさんまの選び方

・表面の光沢が強い

・目が充血していない

・口が黄色い

 

さんまのはらわたを使った珍味レシピはコレだ!

 

最後に、さんまのはらわたを使った

珍味レシピをご紹介します。

 

普通に塩焼きにしたはらわたを食べてもおいしいですが、

少しアレンジするだけで絶品レシピになりますよ!

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

  1. はらわたをご飯のお供に!

    はらわたを取り出して、しょうが、細ねぎ、味噌で味付けします。

    はらわたの苦みがご飯のお供にぴったりのレシピです!

    レシピはこちらから見ることができるので、
    ぜひ作ってみてくださいね!

    https://cookpad.com/recipe/4079426

  2. はらわたをさんまの身にぬって焼く!

    まず、はらわたを取り出して
    しょうゆとみりんで味付けします。

    それをさんまの身にぬって焼いたら完成です。

    さんまを焼くときは、はらわたも取り出さずに
    一緒に焼いてしまう方が多いと思いますが、
    はらわたを身にぬって焼くなんて面白いですよね。

    レシピはこちらから見ることができるので、
    ぜひ作ってみてくださいね!

    https://cookpad.com/recipe/4079426

 

まとめ

今回は、さんまのはらわたに含まれる栄養と

珍味レシピについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

苦いはらわたも少しアレンジすれば、

お酒やご飯のお供にぴったりの絶品レシピに変身しますよ~

 

「今までさんまのはらわたは食べてなかった」という方も、

今回ご紹介したレシピを参考に、

 

一度チャレンジしてみてくださいね。

 

[quads id=3]