Pocket

 

ダイエットには「筋トレ」がいいよ。

 

そう聞いたけれど

筋トレしたらムキムキな体にならない?

 

そう、心配になりますよね。

 

ですが、正しい食事管理と

正しい筋トレ方法を行うことで

女性らしい体をキープしながら

体重を落とすことができるんですよ。

 

ここでは、筋トレにより得られる効果と

逆に体を大きくしてしまう原因や

注意点をまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

筋トレで得られるうれしい効果!
体の変化を実感しやすい部位とは?

 

たくさん食べて

特別何もしていないように見えるのに

太らない。

 

それどころか「太れない」

油断するとすぐに痩せてしまう。

 

という人に会ったことはありませんか?

 

太りやすく痩せにくい人との違いは

「基礎代謝」にあります。

 

食事制限をしているのに痩せれない人は

そもそも「基礎代謝」が低いのです。

 

しかし、ただ基礎代謝を上げ

体重を落とすだけでは

女性らしい体は作られません。

 

女性らしい体のラインと言えば

やわらかくふくよかな胸元とくびれたウエスト

メリハリのあるボディーラインです。

 

筋トレには

基礎代謝を上げる効果と

ホルモンバランスを整える効果があります。

 

そして

女性らしいボディーラインを作るのに
かかせないのも
筋トレ」なのです。

 

バストアップに筋トレが効く!

というのはご存知ですよね?

 

筋トレを始め
一週間~数週間もすれば、
筋肉は成長し始めます。

 

筋肉量が多い部分の方が

変化を実感しやすく

 

バストアップに欠かせない大胸筋は

変化が実感しやすい部位と言えます。

 

しかし、女性は男性に比べ

元々の筋肉量が少ないため

目に見えてわかる効果を得られるまでは

数ヶ月はかかるので

根気よく続けることが大切です。

 

スポンサードリンク

 

筋トレ効果を倍増させるには!
体を柔らかくすることが重要!?

 

体が柔らかいと

疲労回復効果がUPします。

 

また、体を柔らかくすることで

代謝が良くなるので

基礎代謝を上げる効果がより期待できます。

 

そのため、体を柔らかくすることは

重要だと言えますが

無理なストレッチをする必要はありません。

 

筋肉がつくと体が硬くなるイメージがありますが

筋トレには軽い柔軟効果もあるので

無理なストレッチをするよりも

体を柔らかくする効果があるとも言われているんですよ!

 

要注意!!
筋トレで体が大きくなる原因とは?

 

まずは、女性らしさを残したまま

筋トレをするために必要な栄養素を説明しましょう。

 

そのために必要な栄養素は

 

  • タンパク質
  • 炭水化物
  • 脂質

 

この3つです。

 

筋肉を作るのに

たんぱく質が必要なのはわかるとして…

 

「炭水化物・脂質」と聞くと太るイメージでしょうが

運動をする時に必要なエネルギーが炭水化物です。

 

炭水化物を抜いて運動を行うと

エネルギーを必要とした体は

筋肉を分解し、エネルギーに変えてしまいます。

 

そうすると、筋肉がどんどん減り

しまりのないたるんだ体になってしまうのです。

 

脂質も女性の体には必要な栄養素で

脂質を抜いてしまうと

筋トレにより胸の脂肪が燃焼され

バストアップどころか

胸が小さくなってしまう原因になります。

 

ですがっ!!

だからと言って栄養の取りすぎは要注意!

 

女性の体は

筋トレしただけで

体が大きくなることはありません。

 

筋トレで体が大きくなるのではなく

「栄養のとりすぎ」

要するに、食べすぎで太ってしまっているのです。

 

炭水化物は、筋トレ前に

おにぎりを1個程度食べると良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

女性らしい体を残しながら筋トレをするには

食事管理が重要です。

 

せっかく筋トレを始めたのに

食べすぎては意味がありません。

 

そして、食事制限や他のダイエットと違い

効果を実感できるまでには

数ヶ月ほどかかってしまいます。

 

その代わり、筋トレダイエットには

 

リバウンドしにくく

太りにくい体作りができるというメリットがあります。

 

筋トレダイエットは

体重を落とすというよりは

引き締めるところを引き締め

美しいボディーラインを作るもだと思ってください。

 

目に見える体重だけが全てではありません。

 

根気よく、コツコツ続け

美しいボディーラインを手に入れてくださいねっ!

 

おすすめ記事:女性らしい体型は筋トレで作れる?!メリハリは自分でデザインする!

 

スポンサードリンク