Pocket

 

安くていろいろな料理に使える卵。

 

特にゆで卵は一度作って冷蔵庫に入れておけば
そのまま食べられるので、
冷蔵庫に常備しているという方も多いのではないでしょうか。

 

でも大量に作ると賞味期限が気になりますよね。

 

ゆでで火を通したものなので
長く食べられそうな気もしますが、
実際どうなんでしょうか?

 

そこで今回は、
ゆで卵の賞味期限や、
ゆで卵を長く保存したい場合の
おすすめの保存方法についてまとめてみました!

 

ぜひ最後までご覧ください!

 

スポンサードリンク

 

一般的に市販されているゆで卵の賞味期限は?

 

ゆでて殻をむくだけで食べられるゆで卵。

 

最近ではコンビニやスーパーで
味付きのゆで卵が売られていることも多くなりましたね。

 

一般的に市販されているゆで卵の賞味期限は
どのくらいなんでしょうか?

 

コンビニやスーパーで売られている
ゆで卵の賞味期限は、
だいたい1日~2日くらいで表記されていることが多いです。

 

あまり長く日持ちしない印象ですね。

 

買ってきたらすぐ食べるか、
すぐ食べない場合は冷蔵庫に入れておくと安心ですね。

 

スポンサードリンク

 

実際、ゆで卵と生卵はどちらが長持ちするの?

 

では、より長く保存しておきたい…という場合、
ゆで卵と生卵ではどちらが長持ちするのでしょうか?

 

実は、
長く保存するなら絶対に生卵のほうがいいんです!

 

スーパーで卵を買ってくると、
パックに賞味期限が記載されていますよね。

 

賞味期限は買った日の日付から
だいたい10日前後で記載されていることが多いです。

 

しかもありがたいことに、
この賞味期限は生で食べる場合の賞味期限なんです。

 

なので、少し賞味期限を過ぎても
ゆで卵にしたりして完全に火を通せば
安全に食べられるということになります。

 

一方で、家庭で作ったゆで卵は、
冷蔵庫で保存しても12~24時間しかもちません。

 

実は生卵には
リゾチーム」という酵素が入っており、
この酵素が卵の菌の繁殖を防ぐ役割を果たしてくれています。

 

ところが卵を加熱してしまうと
この酵素が壊れてしまうので、
菌が繁殖しやすくなってしまい、
結果として日持ちしなくなってしまうんです。

 

加熱しないほうが長く保存できるなんて不思議ですよね~

 

スポンサードリンク

 

ゆで卵を日持ちさせたいならこの方法がおすすめ!

 

意外と日持ちしないゆで卵。

 

でも1個ずつゆで卵を作るのは面倒くさいし、
ガス代も時間もかかってしまいますよね。

 

実は、ちょっと工夫するだけで
ゆで卵を日持ちさせることができるんです!

 

ここではゆで卵を日持ちさせる方法2選をご紹介します!

 

①殻つきのまま保存する

 

家庭で作ったゆで卵は、
だいたい12~24時間が賞味期限と言われています。

 

ところがゆで卵を作ったあと
殻つきのまま保存すれば、
もう少し賞味期限を延ばすことができるんです。

 

殻つきのまま保存した場合、
ゆで卵の賞味期限は3日と言われています。

 

②煮卵にして保存する。

 

ラーメンやご飯と一緒に食べるとおいしい煮卵。

 

実はゆで卵よりも煮卵にして
調味料につけておいたほうが、長持ちします。

 

煮卵にして保存するときのコツは以下の3つです。

 

つけ汁につけたまま保存する

 

煮卵は作ってから日がたてばたつほど
味がしみて濃くなりますが、
長く保存したいなら
つけ汁につけたまま保存するようにしましょう。

 

つけ汁から出してしまうと
日持ちしなくなってしまうので注意してください。

 

半熟ではなくきちんと火を通したものを保存する

 

トロトロした黄身がおいしい半熟卵。

 

できれば煮卵も半熟のまま保存しておきたいですよね。

 

でも半熟卵はきちんと火を通したものと比べると
賞味期限が短くなってしまいます。

 

長く保存したいなら、
きちんと火を通した固ゆでのものを
保存することをおすすめします。

 

つけ汁のなかに酢を入れる

 

ネットにはめんつゆだけのレシピ、
しょうゆとみりんを合わせたレシピなど
煮卵のいろいろなレシピが出回っていますね。

 

そのなかでもおすすめなのが、
つけ汁のなかに酢が入っているレシピです。

 

つけ汁のなかに酢を入れることで、
酢が菌の繁殖を抑えてくれます。

 

レシピはこちらから見れるので、
ぜひ作ってみてくださいね!

↓ ↓ ↓

NHKみんなのきょうの料理【酢じょうゆ卵】より

 

まとめ

 

今回は、ゆで卵の賞味期限や
ゆで卵を長く日持ちさせるコツについて
ご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

卵は加熱したものよりも
生卵のほうが長く保存できるというのは
びっくりでしたね。

 

なので、一度に大量に作って
保存しておきたいという方は、
殻つきのまま保存したり
煮卵にして保存したりするなど、
保存方法を工夫してみてくださいね。

 

スポンサードリンク