綺麗なうなじの処理法とは?あなたに合った方法はどれ?
Pocket

 

ポニーテールや、
髪をアップにしたときに、見えるうなじ。

 

うなじがドキッとして好きだと言う
男性の話もよく聞きます。

 

ですが、髪をアップした時に、
うなじの産毛がボーボーなんて
恥ずかしいですよね。

 

自分では確認しづらい場所なので、
ついついケアを怠ってしまいがちですね。
それに、処理もしづらいです。

 

今回は、そんな自分では処理しづらいう
なじの処理方法について紹介します。

 

スポンサードリンク

 

うなじ処理にかかる費用とは?
セルフとお店利用の比較

 

まずは、
うなじ処理にかかる費用について紹介します。

 

うなじのセルフの処理で必要なものは、
電気シェーバーか、顔そり用のカミソリですね。

 

顔用の電気シェーバーなら、
だいたい2000円から3000円が主流です。

 

顔用カミソリなら、
自宅用なら100円から500円ぐらいで購入できます。

 

そして、うなじ処理ができるお店としては、
理容室
があります。

 

男性が利用するイメージですが、
国家資格をもつ理容師さんは顔そり
(シェービング)ができます。

 

女性向けにシェービングやっている理容室も
たくさんあります。

 

女性専用のサロンなんかもありますよ。

 

お値段は、お店によりますが、
2000円前後が相場です。

 

うなじ処理だけではなく、顔、背中まで
処理してくれます。

 

シェービングで処理したあとは、
化粧ノリもいいですよ。

 

きれいな状態を維持したいのであれば、
毛深い方なら月1回ほど、
それほどでもない方は、
2、3ヵ月に1回ほどでいいでしょう。

 

 セルフなら100円から3000円

お店利用なら、月1回で2000円

 

比較としてはこのような結果です。

 

プロに処理してもらえるなら、
お店利用もいいかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

10代の女の子でも脱毛通い!?
低価格で利用可能?

以前、脱毛は
何十万とかかり高いイメージでしたが、

 

今は、脱毛サロンが多数できて、
通いやすい価格設定になっています。

 

学割などを行っているサロンもあって、
10代の子から通えます

 

では、うなじの脱毛のいくらかかるのでしょうか?

 

脱毛サロンの有名なミュゼプラチナムでは、
うなじ(襟足)は、Sパーツセレクトプランで、
通常料金8回 36000円となっています。

 

平日割りや、アプリダウンロード割引など
お得なキャンペーンもやっていますので、
うまく利用したら、もっと安くもなります。

 

キャンペーン内容は時期によって変わりますので、
詳しい情報は公式サイトを確認してください。

↓ ↓ ↓

ミュゼプラチナム

 

また、大手脱毛サロン銀座カラーでは、
うなじ脱毛を含むプランは、
デリケートチョイスプランで、
1ヶ所8回 21000円
1ヶ所脱毛し放題 37600円 となっています。

 

また、銀座カラーでは、
全身脱毛で月額制プランもあります。

 

こちらも組み合わせ次第で、
もっとお得になりそうです。

 

詳しいキャンペーン内容はこちらでご確認ください。

↓ ↓ ↓

銀座カラー公式サイト

 

1回の料金で比べると、
ミュゼプラチナム 4500円
銀座カラー 2625円 となります。

 

平日割引、アプリ割引でミュゼプラチナムは
もっと安くなりますし、
銀座カラーも、脱毛し放題プランだと
1回あたりもっと安くなります。

 

理容室のシェービングと比較しても、
さほど高くは感じませんね。

 

その後のお手入れのことを考えたら、
脱毛サロンという方法もいいかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

自分でうなじ処理するならこれ!?
必要な道具と確認方法

 

理容室でのシェービングや
脱毛サロンを紹介してきましたが、

 

一番お手軽で、低価格にできるのは
自分で行うセルフ処理です。

 

自分でうなじ処理の方法と、
必要な道具を紹介します。

 

用意するもの

  • 三面鏡
  • 電気シェーバーなどの
    顔そり道具
  • 乳液かシェービングクリーム
  • 蒸しタオル

 

うなじのセルフ処理の方法

  1. 髪をアップし、襟が深い服を着ましょう。
  2. 襟足に乳液かシェービングクリームを塗ります。
  3. 三面鏡をうなじが見えるように置き、電気シェーバーでうなじに添って、そっと動かしそります。
  4. そった部分を三面鏡で確認し、蒸しタオルで首全体を優しくふき取りましょう。
  5. 最後に乳液などで保湿しましょう。

 

ポイントとして、
三面鏡でこまめに確認しながら
少しずつそっていくと、
失敗しづらいと思います。

 

まとめ

 

うなじの処理の方法として、
いくつか紹介しましたが、いかがでしたか?

 

脱毛サロン、理容室でのシェービング、
セルフ処理どれがご自分に向いているか、
参考になりましたか?

 

ご自分に合った方法をみつけ、
きれいなうなじを手に入れると
アップヘアーや、浴衣など、
おしゃれに自信をもって、楽しめますよ。

 

スポンサードリンク