Pocket

 

子供が生まれると

お宮参り・お食い初め・初節句・初誕生

年齢の節目ごとに様々なお祝い事があります。

 

3歳・5歳・7歳の節目に行う

七五三祝いもその一つです。

 

しかし、男の子と女の子で

お祝いをする年齢が違うことをご存知ですか?

 

それにはそれぞれ

ちゃんとした意味があります。

 

特に男の子は5歳の1回だけと言う人もいれば

3歳にもやるものだと言う人もいて

実際いつやればいいの?

と、悩む人も多いのではないでしょうか?

 

ここでは、男の子の七五三祝いはいつなのか

そして、お参りの服装は

袴とスーツどちらがいいのかをまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

 

七五三のお祝い男の子は何歳でするの?
数え年で5歳に七五三をする?

 

男の子の七五三祝いは

伝統では、3歳と5歳の2回ですが

近年は5歳の1回だけという家庭がほとんどです。

 

本来は、数え年に行うものですが

数え年に行わなければならない。

という決まりはありません。

 

我が家の年子兄弟は

2人同時にやってしまいたかったので

長男は満年齢、次男は数え年で行いました。

 

このように

数え年でやるか、満年齢でやるかは

家庭の事情もあるでしょうから

あまり深く考えなくても問題ありません。

 

七五三のお祝い男の子も女の子と同じように7歳で七五三をするの?

 

男の子も7歳で七五三をするの?

と疑問を持つ人もいるようですが

 

正しくは「しません」

 

男の子と女の子で

お祝いをする年齢が違うのには

それぞれきちんとした由来があるのです。

 

3歳のお祝いを「髪置きの儀(かみおきのぎ)と言い

古い時代、男の子も女の子も

3歳までは髪の毛を剃っていました。

3歳から髪の毛を伸ばし始めるというのが

この、髪置きの儀の由来です。

 

5歳のお祝いを「袴着の儀(はかまぎのぎ)と言い

袴は江戸時代の侍の盛装であったことから

幼い少年にとって

男として社会の一員になるという大きな意味を持ちます。

それが袴着の儀の由来です。

 

7歳のお祝いを「帯解の儀(おびときのぎ)と言い

女の子は7歳になると紐付きの着物から

着物に帯を締めて着用するようになります。

女性への第一歩としてお祝いを行われたのが

帯解きの儀の由来です。

 

そのため、男の子は3歳と5歳

女の子は3歳と7歳で七五三のお祝いをします。

 

しかし、7歳で男の子がお祝いをしてはいけない。

という決まりはないので

7歳で行っても問題はありません。

 

スポンサードリンク

 

七五三の男の子の衣装⁉
お参りの服装はどちらが多い?袴?スーツ⁈

 

七五三で悩むのは

年齢だけではありません。

 

女の子の場合、多くの人が「着物」を選ぶでしょうが

男の子の場合はどうでしょう?

 

本来、七五三の由来・伝統に従うと

和装で行うものですが

 

神様の前できちんとした服装をしていれば

和装でなければいけない。

という決まりもありません。

 

和装が多いか

スーツが多いかは、地域にもよります。

 

筆者は息子たちの七五三のお参りには

小学校の入学式でも着られるようにと

地域的にスーツを選ぶ家庭も多く

我が家もスーツにしました。

 

袴なんて、七五三くらいでしか着ないので

着せたい!と思うご家庭もあると思います。

 

でも、写真撮影の衣装で

袴を着せることができるので

無理に着付けも面倒で

動きにくい袴にする必要はないと感じました。

 

まぁ、我が家の一番の理由は

息子たちが

人一倍やんちゃだったから…なんですけどね(汗)

まとめ

いかがでしたか?

 

七五三は、昔からの伝統行事ですが

「こうでなければいけない!」

と言う厳密な決まりはありません。

 

簡単に言わせていただくと

 

数え年でやろうが

満年齢でやろうが

1回で済ませようが、2回やろうが

その家庭の自由です。

 

服装についても

神様の前できちんとした服装であれば

和装でも洋装でもなんの問題もありません。

 

本来、七五三は11月15日に行うものですが

今は、10月~11月末の間の

都合の良い日に行う家庭がほとんどです。

 

パパやママの実家で

特別こだわりがないのであれば

経験者の話を参考にするのもいいですね!

 

スポンサードリンク