Pocket

 

お腹について肉を見て「ダイエットしたいなと」と、

誰もが思うことです。

 

この気になるお肉、いわゆる脂肪ですが、

脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪があります。

 

この違いは一体何なのでしょうか?

 

内臓脂肪と皮下脂肪の違いを理解することで、

今後のダイエットの成功につながりかもしれません。

 

この二つの脂肪の見分け方、違いを紹介します。

 

スポンサードリンク

 

内臓脂肪とは?

 

ではまず、内臓脂肪について紹介したいと思います

 

内臓脂肪はお腹の内臓の周りにつく脂肪です。

 

お腹の奥の方につく脂肪で、

お腹の中にある腸間膜(ちょうかんまく)の

腸を固定する膜に蓄積するようです。

 

ですから、お腹周り、ウエストに脂肪がつきやすくなります。

 

ホルモンの関係で、男性の方がつきやすいようです。

 

健康診断などで、ウエストを測るのは、

この内臓脂肪の蓄積状態を知るための目安として測ります。

 

いわゆるメタボリックシンドロームの診断の目安にします。

 

ウエストサイズの測定はあくまでも目安です。

 

メタボリックシンドロームの診断は、

ウエストサイズが男性は85センチ以上、

女性は90センチ以上と、

その他に、血圧や血糖値、血液検査の結果で判断します。

 

内臓脂肪が多いと、

生活習慣病になるリスクが高くなるので、

気を付けたいですね。

 

内臓脂肪は運動により減らしやすい

という特徴があるようです。

 

お腹周りが気になる方は、

有酸素運動や筋トレを日々の生活に取り入れて、

改善できたらいいですね。

 

スポンサードリンク

 

皮下脂肪とは?

 

次に、皮下脂肪について紹介します。

 

皮下脂肪とは、

体の皮膚の下につく(蓄積された)脂肪のことです。

 

二の腕やお尻、太もも、下腹、体全体につきやすく、

男性よりも女性の方が皮下脂肪は、つきやすいようです。

 

さらに、妊娠中の女性は、子宮を守ろうとするので、

皮下脂肪がつきやすい傾向にあるようです。

 

体のいたる所につきやすいので、

全体のプロポーションが崩れてくるので、

特に女性は気になるところです。

 

そして、皮下脂肪は少しずづ蓄積されていくので、

落としづらいという特徴もあります。

 

ですが、落とす方法は内臓脂肪と同様に、

有酸素運動や筋トレが効果的です。

 

さらに食事内容の見直しをすると良いでしょう。

 

要は一般的なダイエットが効果的でしょう。

 

皮下脂肪は落ちにくいので、長期的な計画と目標が必要です。

 

スポンサードリンク

 

内臓脂肪と皮下脂肪はこうやって見分けよう!

 

内臓脂肪と皮下脂肪の違いについて上記で紹介しましたが、

見た目では違いが分かりません。

 

では、見分け方はあるのでしょうか?

その見分け方について紹介します。

 

皮下脂肪の簡単な見分け方としては、

まず、立ち姿勢をとります。

そして、お腹にグッと力を入れて、その状態を維持し、

お腹の肉を手の平全体で、をつかみます。

そのつかめたお肉が、皮下脂肪です。

 

内臓脂肪の見分け方は、おへそに、くぼみがなく、

お腹全体が風船のように張っていると、

そのお腹の脂肪は内臓脂肪です。

 

年々、お腹周りに脂肪がついてきたなという方は、

段々と内臓脂肪がついてきている状態だそうです。

 

気を付けたいですね。

 

お腹のお肉に張りがなく、たるんでいるようなら、

皮下脂肪が多い状態だと思います。

 

他の見分け方として、さわってみて体温の感じ方で、

見分けるという方法もあるようです。

 

手の平を、お腹にピッタリとさわってみて、

お腹の方がつめたいと感じた時は、内臓脂肪。

 

温度差をわからない時や、

お腹の方が温かいと感じた時は、皮下脂肪。

 

といった方法です。

 

見分け方をいくつか紹介しましたが、

あまりにも太りすぎると、

判断は難しくなりますので、

やはり、健康維持や体形維持のためにも

日頃の生活習慣が大事だと思います。

 

まとめ

 

皮下脂肪と内臓脂肪ついて紹介しましたが、

いかがでしたか?

 

どちらの脂肪も、あまりついて欲しくないですね。

 

内臓脂肪はとくに、

生活習慣病に影響を与えるので、注意したいです。

 

皮下脂肪も内臓脂肪も、

日頃の食生活や、運動をすることで

、減らしたり、増えるのを防げたり出来ます。

 

どちらにせよ、

太りすぎは健康面で悪影響を及ぼすということは、

一目瞭然です。

 

無理して、ダイエットするではなく、

日頃からバランスの取れた食事をし、

適度な運動をし、暴飲暴食は控えましょう。

 

これは全ての健康面に対して言えることですね。

 

スポンサードリンク