忘年会の余興ダンス、2018はこれで盛り上がろう!
Pocket

 

2018年もあと僅か!

 

今年入社したばかりの新入社員、もしくは忘年会の幹事の方!

 

「ご苦労様です。」

 

私も2017年に忘年会の幹事をやりました。

 

仕事の合間や作業中に色々と考えたり、

仕事が終了してからも忘年会の計画で準備したり、

正直言って仕事以上に疲れますよね。

 

さて、今回は忘年会の余興にもってこいのダンスを紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

2018年の話題になったダンスはコレ

 

2018年の話題になったダンスと言えば、

シュートダンス」!

 

シュートダンスの始まりは2017年7月に公開された、

アメリカのHip Hopアーティスト「BlocBoyJB」が始まりとされてます。

 

ミュージックビデオで視聴してみると、

特に目立ったダンスではありませが、

この独特なダンスがアメリカの若者に注目されて

最近流行りのインスタやYouTubeに

パロディ動画としてアップされ人気が出始めています。

また、「BlocBoyJB」の楽曲に

「Shoot」というミュージックビデオがあり、

足を蹴り上げるようなダンスパフォーマンスから

「シュート」と名付けられたと勘違いをされていますが、

シュートダンスの「シュート」とは、その曲名から来ています。

 

巷で注目を浴びている「DA PUMP」の「U.S.A」は、

ダサカッコいい曲として人気ですが、

彼等が披露しているダンスパフォーマンスも

「シュートダンス」を使用しています。

 

DA PUMPは1997年にmcA.Tの音楽プロデュースでデビューし、

翌年「NHK紅白歌合戦」に初出場。

また、オリコン一位や日本レコード大賞も受賞している実力派グループですね。

 

スポンサードリンク

 

忘年会の余興ダンスにもってこいのダンス

 

やはり、上記でも述べたように

「シュートダンス」がもってこいだと思います。

 

曲名は、DA PUMPの「U.S.A」が最適ですね。

 

今やTVを付ければ「U.S.A」の音楽は流れているし、

老若男女問わず誰もが知っている曲ですし

忘年会を盛り上げるには最適ではないでしょうか?

 

しかも、楽曲のサビの部分は一度聞いたら

頭の中でずっと流れている曲です。

 

この間、近所の子供達が「U.S.A」のダンスを

真似て踊っているのを観ていたのですが、

とても楽しそうに踊っていたのが好印象でして、

私も子供なら間違いなく踊っていたと思いますね。

 

この「U.S.A」でのダンスポイントは、

全力で楽しんで真剣にふざけなければいけないのが

一番のポイントですよ。

 

真顔でキレキレダンスを踊っていたら面白いし、

観ている方も楽しんでくれたら良いと思います。

 

個人的な見解ですが、

DA PUMPのダンスパフォーマンスは

忘年会の余興で使用するのは最高だと思います。

 

スポンサードリンク

 

上司もノリノリ、忘年会ならあえて昔ダンス?

 

確かに忘年会の余興としてダンスを考えている方は、

若い世代の人が殆どだと思います。

 

しかし、仲間内だけならまだしも、

会社となると年配の方や上司が居るのを忘れてはいけません。

 

個人的な見解ですが、

忘年会で披露するダンスは複合してみては如何でしょうか?

 

先ずは、上司世代のダンスを取り入れてから

中間部分に懐かしいダンスを入れ、

締めに「シュートダンス」を入れる方法は如何でしょう?

 

余興と言っても忘年会の始まりの部分ですから、

ここでコケてしまってはつまらない忘年会になってしまいます。

 

あえて上げるならAKB48の「恋するフォーチュン クッキー」や

RADIO FISHの「perfect human」ですかね。

 

世代がもうちょっと古いなら

荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」もありかと思いますよ。

 

ポイントとしては、

観ている方も楽しめるものが一番良いですね。

 

まとめ

 

如何でしたか?

 

忘年会の余興にダンスを考えている幹事の方。

 

今回、ここでは忘年会の余興のダンスを紹介してきました。

 

あなた自身、ダンスの経験が無くても

忘年会を盛り上げるのはあなた自身ですから…

 

くどいですが、ポイントは観てくれてる人も

一緒に楽しめるものが一番です。

 

こちらでご紹介したダンスを参考に、

是非、忘年会の余興を成功させて忘年会や会社を盛り上げて下さいね。

 

スポンサードリンク