ヨーグルトの開封後の賞味期限は?開封すると乳酸菌は少なくなるの?
Pocket

 

健康によい食品として有名なヨーグルト。

 

スーパーで手軽に安く買えるので、
毎日食べるのを習慣にしているという方も
多いのではないでしょうか。

 

そんなヨーグルトですが、
開封後の賞味期限が分かりにくいのが難点ですよね。

 

発酵食品なので長持ちしそうな気もしますが、
実際どうなんでしょうか?

 

そこで今回は、
ヨーグルトの開封後の賞味期限と
腐っているかどうかの見分け方について調べてみました!

 

ぜひ最後までご覧ください!

 

スポンサードリンク

 

ヨーグルトの開封後の賞味期限はいつまで?
いつまでなら食べてもいい?

 

ヨーグルトのパッケージに書いてある
賞味期限は、開封前のもの。

 

開封後は
「できるだけ早めに食べてください」
としか書いていないので、
いつまでに食べればいいのか分かりにくいですよね。

 

ヨーグルトの開封後の賞味期限は
実際どのくらいなんでしょうか?

 

実は、ヨーグルトの開封後の賞味期限は
2~3日が目安だと言われています。

 

どんな食品でも「できるだけ早めに」
と書いてある場合は、
2~3日が目安なんだそうです。

 

意外と短いですね!

 

ただ、これは賞味期限、
つまり「おいしく食べられる期限」
のことなので、
この期限を過ぎてもすぐに食べられなくなる
わけではありません。

 

特にヨーグルトは発酵食品で、
昔から保存食として利用されてきたものなので、
消費期限、つまり「安全に食べられる期限」は
もう少し長くなります。

 

「何日までなら絶対に大丈夫!」
ということはないですが、
消費期限は、開封後1週間ぐらい
目安にするといいのではないでしょうか。

 

開封後1週間を過ぎたらヨーグルトが
腐っていないかを目で見て確認し、
腐っていたら食べないほうがいいでしょう。

 

ちなみに、腐っているヨーグルトの見分け方は
後ほどご紹介しますので、
そちらを参考にしてください。

 

スポンサードリンク

 

意外!?ヨーグルトは開封後に乳酸菌が減る?
開封後の保存温度と日にちは?

 

ヨーグルトに含まれている菌として
有名なのが乳酸菌。

 

実は、ヨーグルトを開封すると
乳酸菌はだんだん減っていってしまうんです。

 

乳酸菌は酸素を嫌う菌で、
通性嫌気性菌と呼ばれています。

 

なのでヨーグルトを開封して
スプーンを入れたりすると酸素が入り、
乳酸菌はだんだん減っていってしまいます。

 

開封後はパッケージに記載されている通り
10度以下で保存し、
2~3日で食べきるのがおすすめです。

 

開封後はどんどん乳酸菌が減っていくので、
「ヨーグルトの乳酸菌を摂取したい」
と思っている方は、
早めに食べきってしまうほうがよいでしょう。

 

またヨーグルトは開封して日が経つと
だんだん酸っぱくなっていくので、
酸っぱいのが苦手な人もできるだけ早く
食べるようにしたほうがよいかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

ヨーグルトは発酵食品なのに腐る?
腐っているかどうかの見分け方は?

 

 

ヨーグルトは発酵食品なので
腐らないと思っていませんか?

 

実は、ヨーグルトも保存方法が
悪ければ腐ってしまうこともあるんです!

 

ここでは腐っているかどうかを見分ける
3つの方法をお伝えします。

 

①異臭がする

 

ヨーグルトを開封すると
独特の酸っぱいにおいがしますよね。

 

においをかいでみていつもの
酸っぱいにおいなら問題ありませんが、
アンモニア臭などいつもと違う
においがしたら食べないほうがよいでしょう。

 

②変色している

 

ヨーグルトは変色すると、
表面が乾いて黄色っぽい色になることがあります。

 

この場合、乳酸菌ではなく他の菌が
繁殖してしまっている可能性があるので、
食べずに処分したほうがよいでしょう。

 

③カビが生えている

 

保存状態が悪ければ、
カビが生えてしまうこともあります。

 

容器や中のヨーグルトに
緑や黒のカビが生えていたら、
食べずに処分したほうがよいでしょう。

 

まとめ

 

今回は、開封後のヨーグルトの賞味期限や
腐っているかどうかの
見分け方についてまとめてみましたが、
いかがでしたか?

 

ヨーグルトは発酵食品なので
腐ることはないと勝手に思っていましたが、
ヨーグルトでも腐ることはあるんですね!

 

開封後の賞味期限も意外と短いので、
みなさんも開封後は速やかに食べることを
心がけるようにしてくださいね。

 

スポンサードリンク