床屋での髪型の頼み方コツがある!?上手な注文をしよう!
Pocket

 

髪が伸びてきたので、
床屋に行って仕上がりを鏡でみると

 

なんだか、いまいち・・・・

 

「やり直してください」とも言えず、
そのままで帰ってきた経験はないですか?

 

そもそも、頼み方が悪かったのか?

 

なんと言えば、
自分の理想通りの髪型になったのか?

 

今回は、そんな悩みを持つあなたのために、
床屋での上手な注文の仕方を紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

自分のなりたい髪型を決めておくことが大事

 

床屋での注文方法として
一番避けたいのは、「おまかせします」です。

 

よっぽど通いなれた、
自分の好みの髪型を把握している
床屋さんならいいですが、

 

「おまかせ」と言われると、
多くの理容師さんは困ってしまうようです。

 

自分の理想通りの髪型にしてもらいたいなら、
やはり明確に自分のなりたい髪型を
決めておくことが大事でしょう。

 

例えば、もし過去に
イメージ通りの髪型ができた経験があるのなら、
その当時の写真などがあるといいですね。

 

また、雑誌やヘアカタログなどを
事前にチェックして、
なりたい髪型を決めておくといいでしょう。

 

雑誌やヘアカタログの
切り抜きを持っていったり
スマホなどに撮っておいて、
床屋さんに持って行きましょう。

 

ネットで検索して
理想通りの髪型を探してみてもいいでしょう。

 

そうすることで、写真や画像を見せるだけで、
スムーズに注文できますし、
理容師さんも見本があるので、
カットやセットもしやすいと思います。

 

もし、写真や画像で
イメージ通りのものがなければ、
自分のなりたい髪型のイメージを、
理容師さんに
きちんと伝えることができたら、
失敗しないと思います。

 

「前髪は眉より下か上」や、
「襟足は刈り上げる」、
「耳まわりは長め」など

 

前髪、襟足、もみあげなどの各パーツを、
どれぐらい切りたいのか、
などイメージを固めておき、
床屋で理容師さんに注文しましょう。

 

スポンサードリンク

 

床屋での髪型の注文のコツ

 

床屋で髪型の注文のコツとしては、

  • 髪型の見本を持っていく
  • 各パーツのなりたいイメージや長さ

などを具体的に伝えることが大事なポイントですが、

 

そこまでのイメージが
具体的に固まっていない方の
床屋での注文のコツを紹介します。

 

なりたくない髪型、嫌いな髪型を伝える

 

過去に失敗した経験を伝えるのです。

「前髪を短くしたら、似合わなかった」、
刈り上げは嫌だ」など、
なりたくないイメージを伝えてみましょう。

 

髪の悩みを伝える

 

ここにくせがあるやトップの髪が少ないなど、
悩みを相談してみましょう。

プロならではのアドバイスや、
髪型の提案をしてくれるかもしれません。

 

家でのスタイリング方法を伝える

 

普段からワックスでセットしてる、
なにもつけていないなどの
普段のスタイリング方法を伝えると、
セットしやすい髪型の提案や、
カットした後のスタイリングの
アドバイスしてくれるかもしれません。

 

なりたいイメージに合わせたファッションで行く

 

理容師さんなどは、ファッションを見て
髪型の参考にすることがあるそうです。

ですから、この服に合わせたい!

と思うものがあれば、着ていくといいでしょう。

 

 

大事なのは、理容師さんとコミュニケーションを取る!

ということですね。

 

カット中でも雑誌ばかり見ないで、
時折、鏡で髪型チェックし、
気になるところは、すぐに伝えるようにしましょう。

 

そうすることで、より一層イメージ通りの髪型に
近づくことになると思います。

 

理容師さんなどと、あまり会話したくない方も、
髪型の注文だけは言えるようにしたいですね。

 

スポンサードリンク

 

床屋で髪を切る際のおすすめの髪型

 

次に、床屋で髪を切る際の
おすすめの髪型を紹介したいと思います。

 

顔の形で似合う髪型が違ってくるようです。

 

丸顔(頬に丸みがある、輪郭の縦と横の比率が同じ)

 

丸顔さんに似合うのは、
丸みをカバーするような髪型で、
縦長の印象をつくるといいようです。

 

サイドを短くし、トップを長めにした
ソフトモヒカンなどが、丸顔さんにおすすめです。

 

また、毛先をちらすなどの
セット方法もおすすめです。

 

面長(頬に丸みがない、輪郭が横に比べて縦の比率が長い)

 

面長さん似合う髪型は、
短髪や面長をカバーできる
横に流れるような髪型がおすすめです。

 

サイドをスッキリさせたツーブロックで、
毛先をサイドに流すようなスタイルなど
いかがでしょうか?

 

四角顔(頬が張っている、横と縦の比率が同じ)

 

四角顔さんにおすすめは、
毛先を遊ばせて散らした髪型です。

 

毛先を散らして、目線を散らして
四角顔の印象をカバーしましょう。

 

ベリーショートにして、
毛先を散らしたセットをしたり、
パーマなどで毛先に動きを出すのもおすすめです。

 

逆三角形(頬から顎まで丸みがない、ハチが張っている)

 

逆三角形さんは、
ハチの張りをカバーした髪型がおすすめです。

 

サイドの髪を長めに残すなどの
髪型はいかがでしょうか?

 

ソフトモヒカンもまたおすすめです。

 

卵形(丸みがあるが、あごはすっきりしている)

 

卵形は、輪郭も一番バランスが整っていますから、
どんな髪型も似合います。

 

なりたい髪型にどんどん挑戦してみてください。

 

 

似合う髪型にするには、どの顔の形でも、
全体のシルエットを
ひし形になるような
髪型にするといいようですよ。

 

このポイントを覚えておいてくださいね。

 

こちらのサイトで、
顔の形別のヘアカタログが紹介されていますので、
参考にしてみてください。

↓ ↓

TASCLAP(顔型別メンズヘアカタログ)

 

まとめ

 

今回は、床屋で切るときのおすすめの髪型や
頼み方のコツなどを紹介してきましたが、
いかがでしたか?

 

注文のコツを覚えることもいいですが、
自分に合った床屋、理容師さんに
出会えたら一番いいのかなと思います。

 

そうなれば、
「いつもの」で簡単に注文できますね。

 

ですが、
なかなかそれも難しいと思いますので、
次に床屋に行く際には
こちらの記事が参考になれば嬉しいです。

 

スポンサードリンク