Pocket

 

秋になると体育祭運動会といった、

様々なスポーツイベントが催される学校や会社も多いかと思います。

 

チーム別に分かれて、様々な競技を競い、

チームの勝ち負けに一喜一憂して……

そんな素敵なイベントに欠かせないのがスローガン

 

これのあるなしで、またこれがいいものであるか否かで、

チーム全体の意識も大分違うものになってきたりしますよね。

 

今回は、そんな体育祭などで使うスローガンについて、

とりわけスローガンを決める人の為に、

スローガンのアレやコレやを紹介をしていきたいと思います。

 

悩むのも大切ですが、

折角のスポーツイベントなら、その時間を練習に費やしたいところ。

 

ここはこの記事を読んでスパっと決めてしまいましょう!

 

それでは早速参りますよ!!

 

スポンサードリンク

 

体育祭スローガンは四字熟語がかっこいい?!スローガンに向く四字熟語

☆スローガンに大切なのは『何を重視するのか』☆

 

まず、最も大切なことなのですが、

スローガンというのは

その集団が伝えたい事・考えている事

を指し示す言葉です。

 

なので、まずその集団が何を求めるのか、

あるいはどのような集団になる事を期待しているのかなど、

集団としてのある程度の方向性が決まると、

 こういったものは決めやすくなっていきます。

 

例えばクラスでの団体競技で活躍する事を期待するなら

そのスローガンも『団結を示す言葉』や、

力を合わせる事の大切さが伝わる言葉』などが的確ですよね。

 

そのように、

集団としての方向性に見合った言葉

を考えるのは、スローガンを決める上でとても大切な事なのです。

 

☆次に伝わりやすさが重視される☆

 

その上で、次に大切なのが『伝わりやすさ』。

 

スローガンというのは自分達が思っている事、

考えている事、そうなりたいと願っている事を、

仲間達や周囲に主張するものでもあります。

 

この為、伝わりやすいようにより簡潔に、

 より短くまとめる事はとても大切で、

そしてスローガンを考える上で最も悩むポイントでもあります。

 

スポンサードリンク

 

☆四字熟語はこれらの要点を両立できる素敵ワード☆

 

さて、いくらか遠回りした感はありますが、

スローガンを考える上で筆者は

 

四字熟語

 

がとても便利なものなのではないかと思いました。

 

ご存知の通り、四字熟語というものは、

普段から当たり前のように耳にするものでもあり、

学校でも習い、しかもその意味を多くの人が知っている

という汎用性の高さがあります。

 

たった四文字しか使わないのに、

何を伝えたいのかが一目瞭然なのです!

 

これほど便利な言葉もそうはないでしょう。

 

このような理由から、

四字熟語はスローガンとして最適なのではないかと、

筆者は思うのです。

 

でも、汎用性や利便性だけがスローガンではないのもまた真実。

 

この次の見出しでは、それとは真逆を行くものを紹介します。

 

体育祭スローガン!
かっこいい英語を使うなら意味をサブタイトルに?!

☆デザイン性ならダントツにかっこいい英語スローガン☆

 

はい、四字熟語とは真逆を行くもの。

 

それは『英語を用いたスローガン』です。

 

筆者が子供の頃なんかは滅多に見かけませんでしたが、

近年では増え始め、様々な所で見かけるようになりました

 

まず最初の印象として『よく解んないけどかっこいいな』という点。

 

これは筆者が英語が苦手だからなのかもしれませんが、

ぱっと見では何が書いてあるのかよく解らない

 

読んでみればなんとなく意味は解るけど、

あんまり伝わりやすいとは思えません。

 

学校などでは英語の教育も進んでいるとは聞きますが、

四字熟語ほど誰にでも浸透しているとまでは言い切れず

やはり英語が苦手な人には

 

何書いてあるのか解んない

 

と、意味を考える事を放棄されてしまう

 

でも、見栄えは良いんです

 

そして意味を知っている人が見たり、

教えてもらって意味を理解すると

 

おおなんかかっこいいな

 

と、それがとても素晴らしいもののように感じてくる。

 

そんな魔法のような存在なのだと筆者は思っています。

 

☆名言やことわざを用いられることが多い英語スローガン☆

 

このように、英語スローガンには

四字熟語スローガンにはない、

不思議なかっこよさが存在しています

 

その意味するところも、

海外のことわざや著名人の名言・格言などが多く

これもまた詳しい人が見ると「おお」と喜びそうなものばかり。

 

ちょっと人を選ぶところがありますが、

団の意識を盛り上げるのには、

こういった見栄えのいいスローガンもありかもしれませんよ!?

 

スポンサードリンク

 

☆更に意味などを副題に添えるとより格好良くなる☆

 

英語+日本語というのは、意外とこれがマッチして、

分かりやすさと共に、

スローガンの格好良さを引き立てたりもするのです。

 

副題に日本語があると、

英語が苦手な方でもホッとすること請け合いですし、

何より誰にでも伝わりやすくなるのがメリットですよね。

 

特にこだわりなどが無ければ、

こういった感じで一緒に表記するのもお勧めですよ!

 

体育祭スローガンの決め方と例文?!
全員の気持ちがまとまる言葉を!

☆目的に沿ったスローガンを決めよう☆

 

最初の方で紹介したように、

スローガンとは集団の目的に沿ったものを考えると、

ある程度決めやすくなってきます

 

例えば団体競技であるなら

団結』『友情』『協力

などを思い浮かべさせる言葉を選ぶのです。

 

四字熟語なら

一致団結』『一心同体』『切磋琢磨(せっさたくま)

といった言葉が的確であると言えます。

 

英語なら

All for and one for all

一人は皆の為に、皆は勝利の為に

 

Union is strength

団結は力である

 

などがいい例なのではないでしょうか?

 

☆失敗を恐れないスローガンも大切☆

 

スポーツのスローガンというと、

どうしても競技ですから

勝利』や『成功』といった方向性の言葉を考えがちですが、

 

逆に

逆境に負けない』『苦しくても頑張る』『いつかは報われる

などといった意味の言葉を使うのも、

苦しい戦いになるだろうけど頑張ろう!

という気持ちにさせてくれるかもしれません。

 

四字熟語ならば

粉骨砕身』『日進月歩』『百花繚乱(ひゃっかりょうらん)

などがそれっぽくていいと思います。

 

英語なら

A will find a way

意志は道を開く

 

Never,never,

 never,never give up!

決して、決して、決して、決して、諦めるな!

 

などの言葉が、

スローガンとしては向いているのではないでしょうか?

 

ちなみに

 

Never,never,

 never,never give up!』

 

とは、かの英国首相チャーチルが伝えた言葉なのだとか。

 

戦時中苦しめられた中決して諦めなかった彼だからこそ

その言葉の重みが伝わってきますね。

 

体育祭でも、チャーチルのように不屈の闘志をたぎらせ、

最後まで諦めず戦いましょう!!

 

まとめ

 

今回は、筆者自身も自分で調べていてなかなか楽しい記事でした。

 

何せ過去の偉人や著名人の様々な格言が出てきて、

この人こんなすごくいいこと言ってたんだなあ」と、

知れば知るほどその人を好きになっていくと言いますか。

 

歴史上の人物が好きな人にはたまらないかもしれません。

 

気になる様なら一度、

自分で調べてみるとその楽しさが解るかも?

 

どうぞお試しくださいませ。

 

どうかこの記事を読んだ方が、

素敵なスローガンを考えられますように。

 

スポンサードリンク