これが決め手になる?マンションを購入する事のメリットは?
Pocket

 

マンション購入を考える際、

賃貸と比べてどんなメリットがあるのかは

非常に気になるところだと思います。

 

また、

自分の年収でどれ位の予算が組めるのかとか、

購入時や購入後にかかってくる費用はどの程度か、

など疑問点も多々あるのではないでしょうか?

 

そんな疑問にお答えすべく、

知っておいて損はない情報を網羅していますので、

ぜひご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

身の丈に合う所を選ぼう!
マンションの購入と年収の関係性

 

マンション購入でローンを組む時、

どのくらいの金額を考えたらよいのでしょう?

 

まずは年収の5倍を目安に考えて下さい。

 

そして毎月の返済額が出たら、そこで一旦ストップです!

 

この、5倍というのはあくまで目安です!!

 

この目安通りでも

充分今後の生活に支障がないという実例は

たくさんあります。

 

でも、念には念を入れましょう!

 

実際には、固定資産税や子供の教育費

その他諸々の費用が発生したり、

将来収入が減少する可能性だってあります。

 

それらを踏まえた上で

将来のマネープランを考えれば、

月収の2割~3割を住宅ローンの返済に充て、

残りを生活費用と貯金に回すのが無難です。

 

現在賃貸にお住いの方なら、

今の家賃を目安に

毎月の返済額を算出してみるのも良いと思います。

 

言うまでもなく、

マンション購入はとても高価な買い物です。

 

よりよい物件を求めてしまう

気持ちもあると思いますが、

借りられる金額で予算を組むより、

毎月余裕をもって返せる金額で購入する事をおすすめします。

 

知ってた?
マンション購入にかかる税金の数々!

 

 

マンションを購入すると、

本体価格にかかる消費税以外にも、

多くの税金がかかります。

 

なお、これらの税金の計算では、

固定資産税評価額という言葉が頻繁に出てきますので、

これについて説明しておきます。

 

固定資産税評価額は、

土地や建物の時価のおおよそ70%に設定されています。

 

以下の税金の計算の基礎になるものですから、

言葉だけでも覚えておいてください。

 

では、購入時と購入後にかかる税金について詳しくみていきましょう。

 

【購入時にかかる税金】

  • 印紙税

契約書に貼る収入印紙です。

ローン契約の金額によって税金が決まります。

500万円超1000万円以下…1万円

1000万円超5000万円以下…2万円

5000万円超1億円以下…6万円

 

  • 登録免許税

土地や建物の所有権の登記にかかる税金です。

おおよその税額は固定資産評価額×2%です。

 

  • 不動産所得税

土地や建物を所得したときにかかる税金です

固定資産税評価額に3%をかけたものになります。

 

【購入後にかかる税金】

マンションを購入するなどして土地や建物を所有すると、

固定資産税を毎年納めなければなりません。

 

固定資産税は固定資産税評価額×1.4%で計算されます。

 

一年分を一括で納める事も可能ですが、

通常は4月、7月、12月、2月の4回に分けて納めます。

 

納付月に関しては

各自治体によって若干異なりますので、

役所から納税通知書が届いたら確認しておきましょう。

 

この納税通知書には、

固定資産税評価額も記載されていますので、

こちらもあわせて確認しておくことをおすすめします。

 

このように、

マンション購入時には本体価格の他に

もいくつか税金がかかってきます。

 

これらはローンには組み込まれず、

現金での納付が必要になります。

 

スポンサードリンク

 

メリットとデメリット何がある?
マンション購入時の注意点!

 

ここまで、

マンション購入を主体にお話ししましたが、

賃貸と購入のメリットやデメリットをそれぞれ見てみましょう。

【賃貸】

メリット

  • 住み替えがしやすい

将来、転勤などで

引越しをすることになっても、

賃貸なら気楽に転居することができます。

  • 住宅ローンを組む必要が無いので、
    将来の破綻リスクが少ない

もし将来、収入が減ったとしても、

返済に頭を悩まさずにすみます。

デメリット

  • 家賃を払い続けなければならない

収入があるうちはよいですが、

定年退職後の家賃支払いに対して不安が残ります。

  • 自由なリフォームが出来ない

自分が思うような模様替えをしようとしても、

壁に穴をあけられない等、制限がかかります。

【購入】

メリット

  • 資産として残せる

将来、子供に資産を残せるのは

親にとっては安心材料ですね。

  • 自由にリフォームできる

自分の家ですから、

誰に気兼ねすることなく気楽に手を加えられます。

デメリット

  • 初期費用が高い

賃貸でも、敷金・礼金などで

数十万円の初期費用がかかることがありあすが、

購入の場合は仲介手数料や税金などで1

00万円以上かかる場合もあります。

  • 維持費が必要

管理費や修繕積立金など、

マンション共有部分に関する費用が毎月別途かかります。

まとめ

マンション購入は、決して安くない買い物だと思います。

 

ハッピーなマイホームライフを送るためにも

住宅ローンでの購入の場合は、

しっかり将来設計をした上で、

無理せず返せる範囲で計画を立てて下さいね。

 

スポンサードリンク