仕事が暇すぎる女子社員
Pocket

仕事の合間のちょっとした空き時間は、たまにあるくらいなら、息抜きや同僚との会話によってストレス解消に役立ちますが、あんまりにも暇すぎるとかえってだらけてしまって辛いものです。

今回はそんな、暇すぎる空き時間ができてしまった時の、有意義な過ごし方や、今後に役立つような過ごし方などを紹介していきたいと思います。

この記事を読んで、どうか少しでも今後にお役立ちください。

それでは早速参りましょう!!

[quads id=1]

 

暇すぎる仕事ならワードやエクセル操作のスキルアップチャンス?!

キャリアウーマン

空いた時間はスキルアップのチャンスととらえよう

仕事の合間の空いた時間を活用して、スキルアップを狙ってみてはいかがでしょうか?

エクセルワードなどのパソコンに入っているツールは、ただ読むだけ、ただ使うだけでもそれなりに仕事にはなりますが、より高いレベルのスキルを身に着ける事で、さらに効率的な文書作成・図表作成が可能になります

この違いは意外と大きなもので、より効率的に仕事が出来れば、その分だけ多くの仕事量をこなす事もより難易度の高い、上級者向けの仕事を任されるようにもなります。

もし貴方に向上心があり、今よりももうワンランク上の仕事をしたいというなら、エクセル・ワードなど、仕事に使うツールのスキルアップを、積極的に考えていくと良いでしょう。

資格取得も視野に入れてみる

空いた時間の有効な活用法として特に有意義なのが、資格の取得のための勉強に使う、というものです。

今の世の中、何かと資格が求められます。

給料アップの条件に資格取得などが組み込まれているケースも多く、特に仕事に関連した資格は、持っているだけでより高い給料を稼げるようになるだけでなく、持っていない人では参加する事すらできない、資格者専用の割のいい仕事を割り振られる事もあるのです

また、仕事に関係した資格の場合、所属している企業が、資格取得のための費用を負担してくれる事もあり、資格勉強のための講習会を開いてくれたりする会社もあります。

もし関連する資格を取る気があるなら、予め上司なりに相談してみると、高い費用を払わずに、より効率のいい資格勉強をさせてもらえるかもしれませんよ?

試してみる価値は大きいので、資格が欲しい方は調べてみると良いでしょう。

[quads id=2]

暇すぎる時は居心地が悪いもの?!何をして暇な時間を過ごせばいい?

誰だってやる事が無くてぼーっとしているのは居心地が悪い

例えば、周りの人は忙しいのに、貴方だけが手すきになってやる事がなくなった場合、妙な居心地の悪さを感じる事ってありませんか

自分だけが働いていないと、周りの人からも「なんであの人だけ」と、よくない眼で見られるかもしれませんし、かえってストレスがたまってしまいますよね

そんな時は、『今急ぎではない仕事』を探してみてはいかがでしょうか?

暇な時に意外と役に立つ『今急ぎではない仕事』

例えば、商社などでは、繁忙期になると大量の郵便伝票を必要とする時期があったりします。

日付や宛先などはその都度分ける必要がありますが、会社名など、どこに送るものでも書かなくてはならないものは、先に書いておいてしまっても問題ないですよね?

そういった、『今は必要ではないけど、後々必要になるもの』を、空いた時間に作っておいてしまえば、いざ繁忙期に突入際に苦労する度合いが軽減されるのです

最終的には貴方や職場の仕事が楽になりますし、働いているので、同僚や上司から冷たい視線を送られる事もなく、時間を有効活用する事が出来るのではないでしょうか?

[quads id=4]

これで解消?!注意されない暇すぎる時の対処法?!時間を活かすには?

暇な時には暇な時なりに動いてみる

例えば、せわしなく手を動かしている人を見て、「仕事が無くて暇なのか」と思う人は少ないでしょう。

逆に、一か所に座ったまま手も動かずぼーっとしている人を見たら、「この人は暇なのか」と周りは思うでしょうし、上司も「なんでこの人は遊んでるんだ?」と思うかも知れません。

何かしら仕事に関係する事を調べてみたり、机の周りを整理したりするだけでも、案外遊んでいるようには見えないものです

このように、立ち居振る舞いを見直してみるだけでも、怒られる要因が減り、暇をしていても職場での評価を落とさずに済むのです

誰それ専用システムを読み解いてみる

これは小規模経営の会社などでよくあるケースなのですが、事務担当の社員が諸事情により引継ぎなしで退職することになりそれが元でその人が使っていたシステムを誰も使えなくなり機能不全に陥ってしまう、という話を耳にする事があります。

このように『特定の人物だけが扱えるシステム』というのは、その人がいなくなれば全く使えなくなるリスクをはらんでいる為、理想としては複数人がそのシステムを把握し、ある程度は使いこなせるようにしておくことが重要なのです。

空いた時間を有効活用し、誰それしか使えないシステムを、使えるように習得する事が出来れば、もし何かがあってその人がいなくなったとしても、貴方がそのシステムを使える限りは会社は回りますし、その分だけ、貴方が会社から必要とされる人間となれる訳です

勿論、その人にしか使えないシステムを覚えるためには、実際にそのシステムを触ってみたり、勉強するために、その人とコミュニケーションをとる必要もあるでしょう。

一筋縄ではいかないでしょうが、その分だけ見返りが大きくなる可能性も高いので、自信があるならそういった方向で時間を活用する事も、考えてみるといいかもしれませんよ?

[quads id=4]

暇でも注意?!やってはならない暇つぶし達!!

PCのウイルス感染

注意1.安全面で信頼度の低いサイトの観覧

PCやスマホを使える環境にあると、どうしてもこれらを使って暇つぶしをしようとしてしまうものです。

ですが、ここで注意したいのは観覧するサイトです。

例えば、匿名掲示板アダルトサイトをはじめとして、安全面で信頼性の低いサイトというのがあります。

これは、『見る事によってウィルス感染する恐れがあるサイト』という事で、会社のPCや、メールなどで仕事関係のやり取りのあるスマホを使って観覧するには、かなりリスクが高く無駄なソフトをインストールさせられたり、コンピューターウィルスに感染してしまう恐れがあります

会社のネットワークというものは、社内のPCからの感染には案外脆く、社内の一人がアダルトサイトを見たが為にウィルスに感染し、メールやネットワーク経由で社内全部のPCが感染し、そのまま機能不全に陥ったり、
個人情報や機密情報が盗まれたりする事すらあるのです。

ウィルスをはじめ、悪影響を与えるプログラムは、常にセキュリティソフトの上を行くように新型が開発される為、セキュリティソフトが導入されていても万全とはいいがたく、些細な油断が元で思わぬ大やけどを負う事もあります。

また、近年では匿名掲示板SNSなどでの投稿が元で、個人特定されたり会社特定されたりして、大炎上を起こすケースも増えています

会社を巻き込んでの炎上は、自分自身だけでなく、会社の信用まで地に落としかねない非常に大きな問題です

  • 身元が特定される様な情報は書き込まない。
  • ネット上でわざわざ特定される様な目立つ言動や行動は慎む。
  • そもそもそういったサイトは観覧しない、利用しない。
  • やるとしたら自宅で、仕事関係が一切関わらない状況下で楽しむようにする

もし会社でPCやスマホを使うならば、最低限こういったネットリテラシーは、身につけておきたいところですね。

注意2.他の暇ではない人に不用意に話しかける

自分が暇だと、他の人とお喋りをして時間を潰そうとする方もいるでしょう。

相手の人も暇だったり、話しながらでも仕事ができるなら問題ないですが、明らかに忙しそうな人や、重要な仕事をしている人、喋りたい気分ではない人に無理に話しかけるのはナンセンスです

このような事を繰り返すと、思わぬヒンシュクを買ったり、「あいつは空気を読めない奴だ」と悪い噂が立ったりと、自分自身にもよくない流れが生まれてしまいます。

暇な時というのは、どうしても自分が暇だからという主観で考えてしまいがちですが、このような時こそ客観的に周りを見るようにしましょう

意外と、自分以外は忙しかったり、お手伝いを求めていたりする人もいるかもしれませんよ?

注意3.中途半端な手伝いやにわか意見

暇だと、どうしても他の人の仕事を見ていて、横から手を出したり、口を挟んだりしてしまう人もいるかもしれません。

ですがこれは、頼まれたならともかく、頼んでもいないのにやると「余計なことを」と思われたり、「私を信頼していないのか?」と疑念を抱かれたりする、危険な行為でもあります。

特に、手を出したり口出ししたりしたのに途中で離れたり、それが元で問題が起きた際に責任を取らなかったりするのは、無責任極まりない行為と言えます

もし手を貸すなら、きちんと相手にそれが必要かどうかを尋ね、やるとしても区切りの良いところまでやるようにしましょう

口出しするなら、相応に相手の需要が満たされる様な意見を出し、きちんと相手の身になって考え、互いに納得できるようにしましょう

そして何より、自分が手を出したり口を出した事に関しては、それが例え他人の仕事でも、起きた結末には責任を持つようにしましょう

[quads id=4]

暇すぎる時の対処法について考えたまとめと感想などを

仕事の合間の暇って、本当に辛いんですよね。

筆者自身、突然「仕事ないから車の中で待機で」と言われ、6時間ひたすら待機しているだけという状況になった時は、流石に途方に暮れました。

当時はまだスマホなんて便利なモノは無かったので、許可を貰って空いた時間中ずっと仮眠を取ったり、ぼーっと考え事をするだけで時間を過ごし、強烈な虚しさに襲われたものです。

そこまで極端ではないにしろ、仕事量が激減する季節になると、やはりする事もなく暇つぶしを考えるようになる訳で。

そのような時に、少しでも有意義に過ごせたら、虚しさも苛立ちもなくなり、のんびりとした心持ちでいられるのではないでしょうか。

スキルアップ後々の為の仕事誰それ専用の仕事の習得など、今回紹介した時間の活用法は、どれも実行できれば有意義なものばかりです。

どうか、この記事を読んだ方が少しでも平穏な心持ちのまま、これら有意義な過ごし方を考えられますように。

[quads id=3]