目からうろこ!?布団を干す最適な時間と頻度!布団の上手な干し方は?
Pocket

晴れて天気のいい日は、
布団干しに最適ですよね。

布団を干したあとは、
フカフカになり気持ちいいです。

何気なく布団を干していますが、
最適な時期や時間帯ってあるのでしょうか?

頻度はどれくらい干すといいのでしょうか?

そこで今回この記事では、
布団を干す最適な時期や時間、頻度について紹介します。

最適な時期や正しい干し方を知ると、
より気持のいい仕上がりになりますよ。

スポンサードリンク

布団を干す最適な時間帯は季節で変わる!?布団を干す時間の目安は?

布団を干す際に
最適な時間帯というものがあり、
季節により違います。

それは日照時間や日差しの強さも関係してきます。

  • 夏は午前10時ごろから12時ごろの午前中。
  • 冬は午前10時ごろから14時ごろ。

この時間帯が日差しも丁度良いので、最適です。

夏場は午前中に干す方がいいです。

午後からは日差しが強くなるので、
布団が傷む原因になりかねないので、
注意しましょう。

冬場も遅くても三時までの
日差しが出ている時間帯がいいでしょう。

また湿度も関係してきます。

湿度が低くて乾燥気味ぐらいの方が、
布団を干すのは最適です。

湿度40%以下が望ましく、
高くても50%以下の日に干しましょう。

布団を干す時間は、
上記で紹介した時間帯に平均2時間ほどで、
途中で裏返します。

布団の中綿によって少し時間が変わるため、
次に布団の中綿の違いによる干す時間を紹介します。

スポンサードリンク

布団は中綿によって干す時間が異なる!?中綿の違いによる布団を干す時間は?

布団の中綿によって干す時間は多少変わります。

布団の中綿の素材はおおよそこの4つです。

  • 綿布団
  • ポリエステル布団(合繊布団)
  • 羊毛布団
  • 羽毛布団

布団の中綿の素材は
洗濯表示を事前に確認してくださいね。

以下が素材ごとの最適な干し時間となります。

綿布団
  • 夏は片側30分から1時間、裏返して合計12時間。
  • 冬は片側1時間から2時間、裏返して合計2~4時間。

ポリエステル布団(合繊布団)

  • 夏は片側30分~45分、裏返して合計1~1.5時間。
  • 冬は片側1時間~1.5時間、裏返して合計2~3時間。
羊毛布団
  • 夏は片側30分ずつ、合計1時間
  • 冬は片側1時間ずつ、合計2時間。
羽毛布団
  • 夏は両面で30分。
  • 冬は両面で1時間。

となっています。

意外と短いですよね。

羽毛布団は冬でも1時間ですから、
干して外出してしまったりして、
取り込み忘れのないように注意が必要ですね。

スポンサードリンク

布団を干す最適な頻度はどれくらい?布団の中綿で頻度と干し方は異なる!?

また中綿の種類によって、
布団を干す頻度も変わります。

それぞれの頻度を紹介します。

綿布団

綿布団は吸湿性と保湿性が高い布団です。

吸湿性が高いと湿りやすいので、
できれば週2回以上は干したほうがいいですよ。

綿布団は、
干すことでフカフカに戻りやすいのも特徴です。

長時間干すと綿が傷みやすいため、
先ほど紹介した干す時間を守ってくださいね。

ポリエステル布団(合繊布団)

ポリエステル布団は週1回以上干すといいです。

吸湿性が綿布団より低いので、
日陰干しで大丈夫ですよ。

羊毛布団

羊毛布団は、高い保温力がある布団です。

また綿布団と比べると、
布団に吸い込んだ湿気を放出しやすいので、
週1回ほど干せばいいようです。

ダニなどの繫殖がしにくい布団ですし、
直射日光を当てると黄色く変色しやすいので、
日陰干しがおすすめです。

羽毛布団 

羽毛布団は高級なだけあって、
軽さや保温性は他の布団と比べても、
断トツにいいです。

羽毛布団の構造上ダニなどが布団の中に入りにくいです。

干す頻度も他の布団に比べて少なく、月1~2回が目安です。

干す時間も短いので、サッと干せていいですね。

スポンサードリンク

まとめ

今回は布団の干す時間や頻度について
紹介しましたが、いかがでしたか?

布団の中綿によって
干す時間や頻度の違いがあり
意外と短い時間で大丈夫なんですね。

いままでは一日中干していませんでしたか?

長時間干すと、布団が湿気を含むので、
干す時間は注意してくださいね。

そして布団を押し入れにしまっている方は、
布団を干したあとは
すぐにしまわないようにしてください。

干したばかりの布団は、
熱がこもっているので、
すぐにしまうと
押し入れの結露の原因となってしまいます。

干したあとは、
しばらく部屋の中で置いておいて
放熱させておくといいですよ。

それぞれの布団に合った干し時間や頻度で、
布団を干してフカフカの布団で、
快適な睡眠を手に入れてくださいね。

スポンサードリンク