フローリングに布団で寝たい!吸湿性のある畳ならカビも発生しない?
Pocket

 

みなさんは、寝るときはベット派ですか?
それとも布団派ですか?

 

最近の住宅事情をみると、
ベットで寝る方の方が
多いように思われがちですが、
やはり依然として、布団を敷いて寝たい
という方の方が多いようです。

 

ですが、部屋の床はフローリング!というのが、
今は圧倒的に多いと思います。

 

フローリングにそのまま布団を敷くと、
湿気がこもりやすくなって、カビが発生するのでは?

 

と心配があります。

 

ですが、畳の部屋はない、、、
どうすればいいのか?悩みますね。

 

畳を引いた方がカビの発生を抑えられるのでしょうか?

 

フローリングに布団で寝たいときは
どうしたらよいのか?

 

気になる問題を紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

フローリングに布団で寝たい?
吸湿性のある畳で結露とカビを防げる?

 

フローリングに布団を敷いて寝たいと思うが、
やはり畳の上でのほうが、
カビは発生しにくいのでしょうか?

 

たしかに、畳は日本の天候の特徴である
高温多湿の環境に向いていて、
フローリングよりも、
吸湿性にすぐれていてカビの発生を抑えてくれます。

 

ですが、それはあくまでも畳の上に
何も敷いていない状態の時です。

 

直接、畳の上に布団を敷き、
敷きっぱなしだとカビの発生率はアップします。

 

人間は寝ている間にも、
コップ一杯分の汗をかくといわれています。

 

その汗は布団の湿気となり、
カビの発生をさせる原因になります。

 

本来ならば、通気性のよい畳ですが、
布団を敷きっぱなしにすれば、
布団と畳の間に湿気がたまり、
畳にも、カビが発生してしまいます。

 

ですから、畳だからといって
カビが発生しないわけではありません。

 

こまめに布団をあげて、
干したりなど、畳の場合でもカビ対策は必要です。

 

スポンサードリンク

 

フローリングで布団で寝たい!
すのこ?置き畳?寝心地がいいのは?

 

フローリングは畳以上に湿気がこもりやすいので、
布団の敷きっぱなしは注意が必要です。

 

何よりも直接フローリングに
布団を敷いて寝ると固いので、
寝心地はあまり良くなく、
疲れを癒すはずの睡眠が、
身体が凝ってしまい余計に疲れてしまいそうです。

 

湿気防止や寝心地のためには、
フローリングにすのこや置き畳を敷いて
布団を敷く方がいいでしょう。

 

どちらがいいかは、お好みかな?と思います。

 

それぞれのオススメ点を紹介したいと思います。

 

すのこのオススメ点

 

  • すのこの上に布団を敷いたら、
    直接フローリングに触れないので、
    通気性がよくなります。

  • 1万円前後で売っており、買い求めやすいです。
  • 折りたたみ式や、ロールタイプなど
    バリエーションがあります。

すのこを折ると、
そのまま布団が干せたりするタイプのものなど、
湿気対策としておすすめです。

 

布団敷きっぱなしは、カビが発生しやすくなります。

 

定期的に布団をあげて干したり、
すのことの間に除湿マットなどを敷くのもおすすめです。

 

すのこをフローリングに直接敷くと、
傷がつくので、
そちらの対策も忘れないようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

置き畳のオススメ点

 

  • フローリングに傷がつきづらくなります。
  • 防音対策にもなります。
  • 最近は色やバリエーションが豊富にあります。

 

そして、何よりい草の香りが癒されるのではないでしょうか?

 

ただし、時々、
置き畳自体をあげたりして湿気対策は必要です。

 

フローリングなら畳マットがオススメ?
布団を敷けば楽に寝れる?

 

手軽に畳の雰囲気を感じたいのなら、
畳マットもオススメです。

 

畳マットとは、
いわゆる畳カーペットのことで、
簡単にフローリングに敷くことができます。

 

天然い草を使っている畳マットなら、
畳と同じような効果があるようです。

 

い草の香りを感じることができ、
手軽に和室の雰囲気を感じることができます。

 

部屋の大きさに合わせたり、
お好みによりサイズも豊富にあります。

 

布団と同じくらいのサイズもあるので、
フローリングと布団の間に敷くなども
良いかもしれませんね。

 

寝室に使用するだけではなく、
リビングルームなどで、
暑い時期にはラグを畳マットに変えたり
などもおすすめです。

 

涼しげな感じになると思います。

 

気軽に模様替えにも使えるのが、
また畳マットの良さだと思います。

 

ですが、
畳マットも布団を敷きっぱなしにするのは、
湿気がこもり、カビが発生する原因になります。

 

まとめ

 

フローリングで、
布団で寝たいときの対策を
いくつか紹介しましたが、
いかがでしたか?

 

フローリングに直接布団を敷くのではなく、
その間に何かを挟んで敷くことがいいようですね。

 

そして、散々、言っていますが、
すのこ、置き畳、畳マットのいずれも、
敷きっぱなしはいけません。

 

時々、布団をあげ、
フローリングに風を通してください。

 

ご自分のライフスタイルに合ったものを、
お選びください。

 

スポンサードリンク