ファーストピアスに透明ピアスはNG!?素材が柔らかいことが理由?
Pocket

耳でひらひらと揺れるピアス、
かわいいですよね。

かわいいピアスを着けたくて、
ピアスの穴あけたいと思いませんか?

ピアスの穴あけ方法は、
ピアッサーや病院など
いろいろな方法があります。

ピアスの穴をあけた後に、
穴を安定させるために大切なのが
ファーストピアスです。

そこで、透明ピアスが
目立たなくていいのでは?と思う方も
いらっしゃるかもしれませんね。?

ですが、
ファーストピアスに透明ピアスはよくない!
ということをよく聞きます。

透明ピアスだと素材が柔らかいので、
穴が安定しないからなのでしょうか?

透明ピアスが、
なぜファーストピアスには向いてないのか?

今回は、その理由や
ファーストピアスの選び方などを紹介します。

スポンサードリンク

ファーストピアスに透明ピアスはNG!?素材が柔らかく傷つきやすい!?

透明ピアスをつけている方は、
職場や学校にピアスがばれたくなくて、
透明ピアスをつけて目立たせないように
している方が多いようです。

ですが、ファーストピアスには
透明ピアスをつけるのはよくないというのは、
なぜでしょうか?

透明ピアスは樹脂やアクリル
できているものが、ほとんどです。

樹脂やアクリルでできている
透明ピアスは柔らかいです。

そもそも、ファーストピアスは
穴を安定させるためにするピアスです。

柔らかい素材の透明ピアスだと
うまく安定しないことが考えられます。

また、素材が柔らかいと、
目に見えない小さな傷がつきやすいです。

傷がついていると、
そこに菌が入り繫殖しやすくなります。

そのような透明ピアスを、
まだ穴が安定してない時につけると、
化膿や腫れなどのトラブルがおきる
可能性が大きいです。

化膿や腫れが酷いと、
穴がふさがってしまう
なんて事もあるようなのです。

せっかく開けた穴が
ふさがってしまうなんて、嫌ですよね。

ですから、素材が柔らかい透明ピアスは、
ファーストピアスにはよくないのです。

スポンサードリンク

ファーストピアスに透明ピアスはNG!?透明ピアスは使い捨て!?

透明ピアスが
ファーストピアスによくないのは、
使い捨てのものが多いからです。

そのため透明ピアスは値段が安いことが多いです。

ファーストピアスで穴を安定させるためには、
ピアスをつけっぱなしにします。

使い捨てのピアスを
ファーストピアスのように
長期的につけているのは衛生面でもよくありません。

透明ピアスは上記で説明したように、
素材が柔らかいので傷がつきやすいです。

なので、
透明ピアスはピアスの穴が安定した後に
つけるものと考えたほうがいいでしょう。

ピアスの穴が完成したあとだからといって、
使い捨ての透明ピアスを
つけっぱなしにするのは、
耳にトラブルが起こる可能性があるので、
注意してくださいね。

スポンサードリンク

ファーストピアスの選び方!透明ピアスならセラミックかガラス素材!?

どうしても、
透明ピアスにしたいという方は、
セラミックピアスがいいですよ。

セラミックピアスは、
金属アレルギーの方でも安心して使用できます。

セラミックは硬くてしっかりとしているので、
傷もつきにくいですし、
温度変化にも強い素材となっています。

ファーストピアスは、
軸がしっかりとしたものがいいので、
セラミック素材は向いているといえます。

そして、
もう一つはガラス素材でできたピアスです。

ガラス製なので、金属アレルギーも大丈夫です。

ファーストピアスは、
アレルギーを起こしづらい素材の
ピアスを選ぶことも大切です。

ガラス素材のピアスは、
樹脂ピアスよりも透明度が高くて、
劣化もしづらいです。

どうしても透明ピアスにしたい方は、
出来ればこの二つの素材のピアスを
選ぶようにして下さい。

また、病院でピアスの穴あけをすれば、
医療用樹脂シリコンの透明ピアスを
つけることもできます。

病院でなら、
滅菌もされていますし安心です。

市販でも医療用樹脂シリコンの
透明ピアスが売っていますが、
家では十分な滅菌はできないので、
耳のトラブルを避けるためには、
病院で行なうことをおすすめします。

また、透明ピアス以外では、
ファーストピアスに向いている素材は
チタンなどがおすすめです。

まとめ

ファーストピアスに
透明ピアスがむいていない
理由などを紹介しましたが、
いかがでしたか?

ファーストピアスは、
ピアスの穴を安定させるために、
安全で丈夫なものがいいようです。

ファーストピアスで失敗すると、
ピアスがつけられなくなってしまうので、
安全なものを選びましょう。

スポンサードリンク