どうする⁇ファスナーが生地をかんだ!動かないファスナーの直し方
Pocket

 

ファスナーが生地をかんで動かない!

 

そのような経験は、

誰しもがしたことがあると思います。

 

出かける直前に

コートのファスナーが生地をかんでしまった!

 

とくに急いでたり、忙しいときに、

よくありませんか?

 

本当にイライラしてしまう現象です。

 

でも、イライラしてもファスナーは開きません。

 

まずは落ち着いて対策法を考えてみましょう。

 

今回は、ファスナーをかんでしまったとき、

どうしたらいいのか?

 

その対処法を紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

ファスナーが生地をかんだ!
動かないファスナーの直し方

 

肌寒いとき、

コートなどの上着を着て、

チャックを閉めようとしたら、

生地をかんでしまい、

ファスナーが動かないときなどがあると思います。

 

どうしたらよいのでしょうか?

 

ファスナーを逆再生してみましょう。

 

慌てて開け閉めようとすると逆効果です。

まずは落ち着いてください。

 

かんでしまった生地を横に引っ張りながら、

進行方向と逆にファスナーを動かしてみましょう。

 

落ち着いて行動すれば

大抵はこの方法で戻せると思います。

 

それでもなかなか動かない場合は、

潤滑油を使いましょう。

 

リップクリーム、せっけん、

ワセリンなどを塗り、

滑りをよくしましょう。

 

せっけんなどは家にあると思うので、

対処できると思います。

 

リップクリームを持ち歩いてる方なら、

お出かけ先でも、すぐに対処できそうですね。

 

ファスナーが布やビニールをかんだ!
知っておきたい対処法

 

ファスナーが動かない時には、

落ち着いて、逆再生が、まず基本ですが、

他の布やビニールを

巻き込んでかんでしまったときの、

対処法も紹介したいと思います。

 

マイドライバーや定規を使ってみましょう。

 

マイナスドライバーや薄手の丈夫な定規を、

ファスナーと生地の間に滑らせるように、

差し込み隙間をつくります。

 

隙間ができたら、

挟まった布やビニールを引っ張てください。

 

すんなり取れますよ。

 

それでダメなら、

オリーブオイルを垂らしてみましょう。

 

ファスナーの部分に1滴たらすと、

滑りが良くなって、

すんなりとファスナーが動くようになります。

 

スポンサードリンク

 

ベビーオイルでも代用ができます。

 

使用の際は、

ファスナーの持ち手の部分にオイルがつくと、

滑って持ちにくくなることもあるので、

注意して使いましょう。

 

服やバックに

オイルのシミがつかないようにも注意が必要です。

 

これも潤滑油としての役割ですね。

 

ファスナーが生地をかむのを再発防止⁉
直った後にしておきたいこと

 

かんだファスナーは直っても、

一度かんだ部分は再発しやすいです。

 

なので、できるだけ再発しないように、

事前に“ある処理をしておくことをおススメします!

 

それは・・・、

 

まずは、ファスナーでかんでしまった

生地の部分を伸ばしましょう。

 

かんでしまった生地の部分は

よれていたりするので、

できればアイロンなどで、

よれてしまった部分をきれいに伸ばしてください。

 

次にシリコンスプレーで滑りをよくしましょう。

 

ホームセンターなどで売っている

市販のシリコンスプレーを

ファスナーに吹きかけておくと

滑りが良くなります。

 

ファスナーメーカーから

専用のスプレーもありますので、

そちらを一本常備しておくのもいいですね。

 

スポンサードリンク

 

常備するのを忘れた!という方は、

ろうそくの蝋(ろう)や、

えんぴつの芯を塗るなどの方法を

試してみてもいいかもしれません。

 

誕生日ケーキなどについてくる

色付きのろうそくだと、

服などに色がついてしまうこともあるので、

注意して使ってくださいね。

 

白いもの(仏壇用など)を使う方がいいと思います。

 

とにかく、慌ててファスナーを開けないことです!

 

日頃から落ち着いて行動しましょう。

 

丁寧にファスナーを扱うことが

再発防止には一番大事かもしれませんね。

 

まとめ

 

誰もがよくやってしまいイライラしてしまう!

 

そんな、

ファスナーが生地をかんでしまったときの、

対処法をいくつか紹介しました。

 

大事なのは慌てず、

まずは落ち着いてファスナーを開け閉めすることです。

 

そして滑りをよくしておくことが大切です。

 

普段から開け閉めの確認をして、

滑りが悪いようならスプレーなどを使い、

日頃からのメンテナンスをしておくことをおススメします。

 

無理やりファスナーを壊してしまわないように

大事に扱いましょうね。

 

この記事が、少しでもお役に立てたら幸いです。

 

スポンサードリンク