Pocket

 

今年も残すところあと僅か、

会社の忘年会が控えてる方も多いですよね。

 

忘年会は、その年を締めくくる一大イベントです。

 

最後は楽しく笑顔で終えたいものですよね…

 

さて、今回はそんな一大イベントの

幹事を任された社員の方に、

忘年会で盛り上がるゲームを紹介して行きたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

これが定番人気の忘年会ゲームベスト5

 

忘年会の定番ゲームベスト5を紹介していきます。

 

      一位    ビンゴ大会

      二位    クイズ

      三位    100円争奪じゃんけん

      四位    ジェスチャーゲーム

      五位    黒ひげ危機一発

 

一位〜三位までは、定番中の定番のゲームですね。

 

体験談ですが、私自身も忘年会の幹事を任された時に

使用したのが一位〜三位のゲームです。

 

結果としては、どれも大変盛り上がってくれました。

 

幹事としてもとても達成感があるゲームでしたね。

 

また、各ゲームの勝者には景品を付けたのですが、

その中の一つだけみんながウケる商品をいれました。

(因みに、ウケを狙った商品は筋肉Tシャッツです。)

 

また、忘年会のゲームルールはシンプルなものが好まれます。

 

ゲームは真剣になればなるほど面白くなり、

普段はそんなイメージと違う社員もいて、

意外な一面が見えたりします。

 

やはり、一位〜五位のゲームは

忘年会には欠かせないゲームだと思いますよ。

 

是非、一位〜五位のゲームをあなた自身の手で楽しくして下さい。

 

スポンサードリンク

 

チーム対抗戦で結束力を高めるゲームはコレ!

 

チーム対抗戦でゲームをするなら「クイズ」です。

 

クイズは、答えが分からなくても

◯か×のどちらかを答えるので

年齢に関係なく出来るのが全員参加型ゲームには最適です。

(例えるならチーム対抗戦のクイズ番組です。)

 

全員参加型ゲームなら

チーム内でワイワイや回答でワイワイと

盛り上がること間違いなしです!

 

次にクイズの内容が大切です。

 

時事ネタや社会政治ネタのような少し堅いものや、

会社のエピソードも盛り込んでおけば楽しくなると思いますよ。

 

これは体験談ですが、

私が幹事をした際は時事ネタと会社エピソードを盛り込んで、

◯と×の札を全テーブル分作成し

スマホでクイズ問題を読み上げ答えて貰う形式にしました。

 

勝敗はポイント制にして、

一位のチーム全員に景品を渡すシステムにしました。

 

ポイントは、

みんなが笑顔になるようなクイズ問題を出して上げて、

最終問題にはポイントを倍にする問題にしてあげると、

全員がとても喜びます。

 

スポンサードリンク

 

年配上司も楽しめる懐かしゲーム特集

 

会社の忘年会に参加する人は、

若者だけではありませんね。

 

もちろん、年配上司の方もいますから

忘年会のゲームをする予定なら、

そこも考慮していかないといけません。

 

そこで年配上司も楽しめる忘年会ゲームを紹介します。

 

年配上司も楽しめる忘年会ゲーム

          ・クイズ

          ・ビンゴ大会

          ・ライター一発チャレンジ

 

3つの内2つは王道のゲームですね。

 

残った1つは、「ライター一発チャレンジ」

 

これはとてもシンプルなゲームで100円ライターを使用し、

単純に火を点けるだけののゲームです。

 

年配上司世代のライターは、

とても付けにくく直ぐにライターのガスが

無くなっていたはずです。

 

その古き良き時代を生きた年配上司なら

ライターの付け方を熟知している方が殆どですし、

年配上司からアドバイスを貰うことで、

コミュニケーション力も上がります。

 

まとめ

 

如何でしたか?

 

忘年会のゲームで悩んでいる幹事の方、

これを観て参考になりましたか?

 

会社の忘年会は、その会社の環境や年齢層も多種多様ですので

盛り上がりが変わって来ると思います。

 

クイズやビンゴ大会は定番のゲームですので、

忘年会のゲームとしてはまずハズレることはないでしょう。

 

クイズで注意したいことは、

人を傷つけない問題、

みんながクスっと笑うネタでしたら

特に問題はないかと思います。

 

今年も残りあと僅か!

 

是非、あなたの腕で忘年会を盛り上げてください。

 

また、一所懸命のあなたを観てくれる人はきっといますから…

 

スポンサードリンク