精米機
Pocket

精米機を使ったり、掃除しようとした際に、小さい虫がわいている事はありませんか?

これは米につく害虫なのですが、対処を知らないと何度も何度も虫がわいてきてしまったり、成虫になって様々な場所に卵を産み付けるようになってしまい、精米機やキッチンが虫だらけになってしまう事も。

今回はそんな米につく害虫の内、特に精米機の糠にわきやすい害虫の駆除と除去の方法について、紹介していきたいと思います。

敵を知り己を知れば百戦危うからず』といいますし、知る事で予防できることも多いはずですので、どうぞご覧になっていってくださいませ。

それでは早速参りましょう!

[quads id=1]

 

精米機に残った糠に小さい虫!糠にわいた虫駆除の手順と方法は?

米糠を好んで食べる害虫

精米機の糠によくわく害虫の例として、『ノシメマダラメイガ』という蛾がいます。

この蛾は、お米の糠や胚芽部分に卵を産み付け、卵から孵化した幼虫が糠を好んで食べるため、精米機の底にたまった糠などにわくことがあります

また、この幼虫は米以外にも小麦粉などの粉や油脂成分を好む為、食品棚などのカップラーメンやインスタント袋麺、パスタやクッキー、チョコレートなどの存在をにおいで察知し様々な食品にわく可能性があります

幼虫の顎は強靭。対処法は堅い容器で密封する事!

この幼虫、驚異的なことに、紙袋やビニール袋程度なら食い破るほど顎の力が強くきちんと密封していても、いつの間にか侵入を許してしまったりします

この幼虫の侵入を防ぐためには、においと侵入経路の両方をシャットダウンする為、厚めのプラスチックケースなどに入れて保存する事

そもそも卵が孵化するほど長く置いておかない事などが重要です

[quads id=2]

精米機を使った後の掃除方法は?精米後のお米と糠はどうすればいい?

一升枡に入った米

精米機は常に綺麗に保とう☆

これは米につく害虫に共通の対処法ですが、精米機は常に清潔に保つようにしましょう

特に今回紹介している『ノシメマダラメイガ』は糠が発生源になりやすいので、糠受けに残っている古い糠などは徹底的に除去しましょう

定期的に拭き掃除をし、きちんと乾燥させれば、ひとまずは安心です。

精米後の米と糠は低温保存する

精米した時点で、糠や胚芽についている卵は除去されていますので、すぐ食べる分にはそのまま洗って食べれば問題ありません。

ですが、その状態のまま保存するなら、15度以下で湿度の低い場所に保管するようにすると、害虫がわきにくい環境となりますので、保管に適しています。

糠に関しては特に利用する訳ではないなら、すぐに密封して生ごみに出してしまうか、使うようなら低温低湿度の場所で密封して保管、あるいは家の外など、仮に虫がわいても困らない様な場所に保管するようにしましょう。

[quads id=4]

玄米に虫がついたらどうすればいい?玄米の虫除けに効果的な方法は?

let's go

ノシメマダラメイガは玄米を白米にしてしまう

ノシメマダラメイガは、玄米に卵を産み付け、幼虫が糠や胚芽を食べてしまう為、食害にあったお米は白米になってしまいます

玄米を食べたくて買った人にとって、これはショックですよね。

この被害を避けるために事前の段階で対策をとっておきましょう。この先手こそが重要なのです!

虫除けに役立つ意外な食品達

お米につく害虫は、共通して唐辛子やニンニク、ワサビなどの食材を忌避し、避けようとする性質があるとされています。

この為、これらの食材を精米機の中に入れる、保管場所に置いておくなどするだけで、ある程度の虫除け効果を期待することができるでしょう

目安としては、乾燥させた唐辛子であれば5~10本程度ニンニクならば一かけら~一個をばらしたものワサビは粉わさびをティーパックなどの袋に入れる事で、3か月ほど持続して効果が出るとの事。

費用も安く済みますしお手軽に実行できますので、是非お試しあれ!

もしわいてしまったら……

虫除け食材による忌避効果も虚しく虫がわいてしまうようなら、精米機や保管場所が、虫の生育に好都合な環境である可能性があります。

一度綺麗に清掃し、環境をリセットする事で、虫の再発を防ぐこともできます。

成虫は見つけ次第駆除し、卵を産み付けられないようにする事も重要です

また、家の外の、直射日光の当たらない明るく涼しい場所でお米を干す事で、明るさを嫌って幼虫が逃げ出しますので、これを活用する事である程度除去は可能になります

最終的には水で洗う際に浮いてきたものを除去するピンセットなどで直接除去するなどになりますが、もし万一食べてしまっても、人体には特に害がないので、最悪の場合でも「虫食べちゃった、うぇー」といった感じに、嫌な気分になるくらいで済むので、どうかご安心を。

[quads id=4]

精米機にわきやすい害虫について調べてみた感想などを

精米機を開けたら糠受けに虫が、というのはちょっとしたショッキングな光景ですよね。

筆者は子供の頃、袋に穴が開いた小麦粉の中から幼虫がこんにちわして、驚かされたことがあります。

でもその時母は特に驚いた様子もなく、「あらやだ」と適当に流してその小麦粉を使っていました。

食べても害がないから怖くない、という精神だそうで、お米に虫が混じっていても「安全な食べ物の証拠」と言われ、流されるように虫をどけて食べていた記憶があります。

実際、今に至るまで特に健康被害はない為、その時の母の考えはそれほど間違っていなかったのでしょうが、それでも、虫が混じっているというのは嫌なもの。

できれば避けたいですよね。ただ、必要以上に怖がるようなものではないという事さえ知れば、対策も冷静に取れると思いますので、どうか自分の状況にあった対策をとっていただければと思います。

どうかこの記事を読んだ方が、精米機や保管場所を虫わきのない、安全清潔な状態に保てますように。

[quads id=3]