ドライブレコーダーは証拠にならない?つけるべきか?を徹底調査!
Pocket

 

最近、自動車事故や危険な煽り運転が
ニュースで放送されてますね。

 

これから高齢化も進み
より一層、自動車事故が増えると懸念されます。

 

そんな現代社会において、
自動車運転のサポートをしてくれるのが
「ドライブレコーダー」です。

 

ご存知の方も入られると思いますが、
「ドライブレコーダー」は車のフロントガラスに
設置しシガーソケットから電源を取り、
走行中の映像を記録する機材です。

 

高価なドライブレコーダーは
駐車している時でも映像が撮れたり
車の後方にもカメラが設置されていて
バック駐車時に後方確認をサポートしてくれる
優れた機材も存在します。

 

さて、ここでは
「ドライブレコーダーの映像は証拠として使用できるか?」
「ドライブレコーダーを付けてみてそのメリット、デメリット」
「実際に取り付けた人の体験談」を紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

ドライブレコーダーの映像はいざという時に証拠になるのか?

 

最近、TVでも話題の「危険な煽り運転」

 

実際、私も目撃したこともあるし
あそこまで酷くは無いですが
煽り運転は受けたことはあります。

 

「普通に運転していて危険な行為や暴言を受けたら
溜まったもんじゃないですよね?」

 

ましてや、一人でしかも女性だと…

 

誰かに相談しても共感はしてくれるものの
結局は泣き寝入りな部分もありますしね。

 

もしも、警察沙汰になったら
警察の人もどっちが正しいのか疑問になってしまうし、

 

そんな時、役立つのが
「ドライブレコーダー」ではないでしょうか?

 

ドライブレコーダーの使用目的は
映像を記録する」という
絶対的な証拠物件である事が最大の特徴です。

 

例えば逃走した銀行強盗やコンビニ強盗も
店内にあるカメラの映像を用いて
察官も捜査を進めていきますよね。

 

ドライブレコーダーはそれと同様です。

 

ドライブ中に「実際の映像を記録」し
アクシデントに遭遇した場合、

 

その証拠としてドライブレコーダーで記録した
映像を見せる事により
トラブルを回避できるのではないでしょうか?

 

ドライブレコーダーの映像は
証拠として提示するには有効のようです。

 

スポンサードリンク

 

ドライブレコーダーをつけたときのメリットとデメリットは?

 

ドライブレコーダーを
つけたときのメリットとしては

 

上記でも述べたように
実際の映像を記録」することです。

 

アクシデントが発生した場合は、
その映像記録によって証拠にもなります。

 

また、自身のドライブを記録した映像を
YouTubeにアップして
広告収入を得る人もいるみたいですね。

 

あとは、
中古車を購入するとナビはついているのに
バックモニターが付いてない場合にも
ドライブレコーダーで補うこともできますね。

 

デメリットの方は「価格」です。

 

価格と言っても、ピンキリですし
安いものだと3000円位から購入できる物もあり
高い物だと30000円もする高価な機材があります。

 

安いドライブレコーダーだと
画質もあまり良く無く、
機能面でもちょっと納得がいかない部分があります。

 

逆に、画質も拘り機能面でも
妥協しないと高額になってしまいます。

 

自身で購入できる価格で、
ある程度の機能面があれば購入しても良いと思いますよ。

 

1万円前後だと画質もそれなりに綺麗で
機能面もそこそこのドライブレコーダーが購入できるようです。

 

スポンサードリンク

 

実際にドライブレコーダーをつけた人の体験談を調べてみた!

 

色々とドライブレコーダーの
体験談を調査してみて分かったのが、
自動車事故の証拠物として提出する事により、
保険会社の過失割合が見直されたりするのが
一番多い気がします。

 

また、自身の運転技術を
見直すこともできる点も結構ありました。

 

自身で注意をしていても
貰い事故が発生してしまったら、
ゴールドカードの運転免許書も
ゴールドでは無くなってしまいますしね。

 

どの体験談も自動車事故が発生した場合に
ドライブレコーダーの映像を有効活用して
自身の正当性を主張をする点が多いのでは無いのでしょうか?

 

まとめ

 

今回は、「ドライブレコーダー」について
色々と紹介してきましたが、
ドライブが趣味の方なら購入を検討する価値大です。

 

だって、
せっかくの休日に楽しくドライブしていたのに
トラブルに巻き込まれて
嫌な気持ちになりたくは無いですからね。

 

ドライブレコーダーをつけようか悩んでるなら、
ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク