学校

【学級目標:中学校向け】シンプルなキャッチフレーズ例40選!-決め方のポイントと注意点も解説

中学校の学級目標作りに頭を悩ませていませんか? 

悩む人
悩む人

生徒たちに響く、シンプルな学級目標のアイディアが欲しい!

シンプルな学級目標を作りたい!

そんな悩みを抱えているあなたは、ぜひこの記事を読んでください。

この記事では、シンプルだけどインパクトのあるキャッチフレーズを40選ご紹介します。

これらのフレーズは、生徒たちが共感しやすく、クラス全体で共有しやすいものばかりです。

また、シンプルなキャッチフレーズを決める際のポイントや注意点も解説しています。

この記事を読むことで、以下のことが分かります。

この記事で分かること

  • 中学校の学級目標の目的や役割を理解できる
  • シンプルなキャッチフレーズを40個知ることができる
  • 学級目標に適したキャッチフレーズを選ぶことができる
  • 学級目標を決める際に注意すべき点を知ることができる

ぜひ、この記事を中学校の学級目標を決める際の参考にしてみてください。

また、中学校の学級目標を作るうえでの、事前準備から達成方法までを具体的に知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

学級目標を設定し実践することによって得られる効果とは?

学級目標とは、学級全体で目指す姿や目標を明確にしたものです。学級目標を設定し実践することで、期待できる効果はたくさなりますが、代表的なものを以下に紹介します。

  • 学級の方向性が明確になる

学級目標は、学級の目指す姿や目標を示すものです。学級目標を設定することで、学級全体が同じ方向を向いて活動できるようになる。

  • 学級の結束力が高まる

学級目標を達成するためには、学級全体の協力が必要になる。学級目標を共有することで、学級の結束力が高まり、目標達成に向けて一丸となって取り組むことができる。

  • 学級の活動が活性化する

学級目標を達成するためには、具体的な取り組みが必要になる。学級目標を設定することで、学級の活動がより具体的になり、活性化される。

学級目標を設定し実践することによって得られる効果の具体例

具体的な事例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 学級目標を立てたことによって、学級の結束力が高まった

ある中学では学級目標を「チームワークを大切にし、明るく仲の良いクラス」と設定しました。学級目標を掲げてから、生徒たちが成長し、自己課題を明確にしました。学級全体では自己考察力が向上し、明るく協力的な雰囲気になりました。

  • 学級目標を立てたことによって、学級の活動が活発になった

ある中学校では、学級目標を「みんなが活躍できる学級」と設定しました。この学級では、学級目標を掲げてから、生徒たちが積極的に学級活動に参加するようになりました。また、学級行事の企画・運営にも生徒たちが主体的に関わるようになりました。

これらの事例から、学級目標を設定し実践することで、学級の方向性が明確になり、学級の結束力が高まり、学級の活動が活性化されることが期待できます。

学級目標にはシンプルなキャッチフレーズがおすすめ!

学級目標を設定する際、シンプルなキャッチフレーズは効果的です。なぜなら、キャッチフレーズは生徒たちに明確な目標を伝え、モチベーションを高めるのに役立つからです。

キャッチフレーズの効果

学級目標にキャッチフレーズを取り入れる利点は以下の通りです。

  • 明確な目標設定

キャッチフレーズは簡潔で具体的な言葉で構成されているため、生徒たちは何を目指すべきかを明確に理解できます。例えば、「協力と友情を育むクラス」というキャッチフレーズは、目標を一目で把握できます。

  • モチベーション向上

魅力的なキャッチフレーズは生徒たちのモチベーションを高めます。目標が具体的かつ魅力的であれば、生徒たちはそれを達成しようとする意欲を持ちます。

  • コミュニケーション促進

キャッチフレーズはクラス全体で共有されるため、生徒同士のコミュニケーションを促進します。共通の目標を追求することで、クラスの結束力が高まります。

中学校の学級目標に使えるシンプルなキャッチフレーズの活用例40選

学級目標を設定する際には、生徒たちが共感しやすく、わかりやすいキャッチフレーズを考えることが重要です。

そこで、中学校の学級目標に使えるシンプルなキャッチフレーズの活用例40選をご紹介します。

四字熟語5選

悪戦苦闘
(あくせんくとう)

  • 意味:不利な状況に苦しみながら、必死に戦ったり努力したりすること
  • 目標とする分野の例:学業
  • 具体的な学級目標の例:苦手教科に最善を尽くす!
  • 具体的な個人目標の例:一番苦手な理科のテストの点数を前回より10点アップする!
  • 具体的な行動目標の例:毎日30分、理科の問題集を解く

百折不撓
(ひゃくせつふとう)

  • 意味:何度失敗しても決してくじけずに立ち上がること
  • 目標とする分野の例:学業
  • 具体的な学級目標の例:失敗から学ぶ!
  • 具体的な個人目標の例:テストで低い点数を取っても、次回は必ず上がるようにする!
  • 具体的な行動目標の例:テストで間違えた問題は必ず復習し理解する

臥薪嘗胆
(がしんしょうたん)

  • 意味:困難や苦労を乗り越えて成功すること。
  • 目標とする分野の例:学業
  • 具体的な学級目標の例:困難を乗り越える!
  • 具体的な個人目標の例:苦手科目の英語を克服する!
  • 具体的な行動目標の例:英語の単語を毎日一つ覚える

前途洋々
(ぜんとようよう)

  • 意味:これから先、広大な可能性が広がっていること
  • 目標とする分野の例:学業
  • 具体的な学級目標の例:未来に向けて進む!
  • 具体的な個人目標の例:志望校の合格を目指す!
  • 具体的な行動目標の例:進路に必要な科目を重点的に学習する

一期一会
(いちごいちえ)

  • 意味:一度きりの出会いを大切にし、その瞬間を最大限に活かすこと。
  • 目標とする分野の例:人間関係
  • 具体的な学級目標の例:新しい友達を作り、コミュニケーションスキルを向上させる
  • 具体的な個人目標の例:毎週1人と仲良くなることを目指す
  • 具体的な行動目標の例:ランチタイムに異なるクラスメイトと話す機会を作る。

二字熟語5選

友愛
(ゆうあい)

  • 意味:仲間同士の愛情
  • 目標とする分野の例:人間関係
  • 具体的な学級目標の例:友愛あふれる学級を目指す!
  • 具体的な個人目標の例:困っている人を助ける
  • 具体的な行動目標の例:クラスで困っている人がいたら、声をかける

協調
(きょうちょう)

  • 意味:協力して物事を成し遂げること
  • 目標とする分野の例:生活
  • 具体的な学級目標の例:協調しあえる学級を目指す!
  • 具体的な個人目標の例:クラスのルールを守る
  • 具体的な行動目標の例:学級活動で、みんなで力を合わせて取り組む

果敢
(かかん)

  • 意味:恐れずに物事に取り組むこと
  • 目標とする分野の例:学業
  • 具体的な学級目標の例:難しい問題にも果敢に挑戦するクラスになる
  • 具体的な個人目標の例:数学の難問に果敢に挑戦する
  • 具体的な行動目標の例:毎日一つ難問を解く

希望
(きぼう)

  • 意味:これから起こることを期待すること
  • 目標とする分野の例:生活
  • 具体的な学級目標の例:明るい希望に満ちた学級を目指す!
  • 具体的な個人目標の例:いつも笑顔で過ごす
  • 具体的な行動目標の例:困っている人を助け、明るい雰囲気の学級をつくるために努力する

結束
(けっそく)

  • 意味:一体感を持ち、団結して協力すること。
  • 目標とする分野の例:学業
  • 具体的な学級目標の例:クラス全員で学業の成績向上を目指し、互いにサポートし合う
  • 具体的な個人目標の例:数学のテストの点数を上げて、クラスの平均点を引き上げる
  • 具体的な行動目標の例:毎週、難しい問題を一緒に解いたり、勉強会を開く

一文字漢字5選


(こころ)

  • 意味:心を込めること
  • 目標とする分野の例:生活
  • 具体的な学級目標の例:クラスメイトへの思いやりを持つ
  • 具体的な個人目標の例:友達が困っていたら助ける
  • 具体的な行動目標の例:毎日一つでも良い行動をする


(しん)

  • 意味:信頼や信念を持つこと
  • 目標とする分野の例:自己信念
  • 具体的な学級目標の例:クラスメイトや教師への信頼を築き、協力関係を強化する
  • 具体的な個人目標の例:自己信念を高め、自分の力を信じる
  • 具体的な行動目標の例:毎日の課題に対して自分を信じて取り組む


(とも)

  • 意味:友情、仲間意識
  • 目標とする分野の例:コミュニケーション、友情
  • 具体的な学級目標の例:全員が互いに助け合う友情を育む
  • 具体的な個人目標の例:新しい友達を作ることを心掛ける
  • 具体的な行動目標の例:毎日一人以上のクラスメイトと話す


(まこと)

  • 意味:真実、誠実さ
  • 目標とする分野の例:倫理、道徳
  • 具体的な学級目標の例:全員が誠実さを持って行動する
  • 具体的な個人目標の例:常に正直であることを心掛ける
  • 具体的な行動目標の例:毎日自分自身の行動を振り返り、評価する


(ゆめ)

  • 意味:夢、希望、目標
  • 目標とする分野の例:将来設計
  • 具体的な学級目標の例:全員が自分自身の将来の夢を明確にする
  • 具体的な個人目標の例:自分の夢を追求するために必要なスキルを学ぶ
  • 具体的な行動目標の例:週に一度自分の夢について考える時間を設ける

英語5選

Achieve More
(アチーブ モア)

  • 意味:より大きなことを達成しようとすること
  • 目標とする分野の例:学業
  • 具体的な学級目標の例:今年は勉強でさらに成果を上げることを目指す
  • 具体的な個人目標の例:数学で前回よりもっと成果を上げる
  • 具体的な行動目標の例:毎日1時間以上勉強する

Smile More
(スマイル モア)

  • 意味:もっと笑顔を
  • 目標とする分野の例:コミュニケーション、友情
  • 具体的な学級目標の例:全員が楽しみながら学べる環境を作る
  • 具体的な個人目標の例:毎日笑顔で過ごすことを心掛ける
  • 具体的な行動目標の例:毎日一つ以上面白い話題やジョークを共有する

Dream Big
(ドリーム ビッグ)

  • 意味:夢は大きく
  • 目標とする分野の例:将来設計
  • 具体的な学級目標の例:全員が自分自身の将来の夢を明確にする
  • 具体的な個人目標の例:自分の夢を追求するために必要なスキルを学ぶ
  • 具体的な行動目標の例:週に一度自分の夢について考える時間を設ける

NEVER GIVE UP
(ネバー ギブ アップ)

  • 意味:決して諦めない
  • 目標とする分野の例:学業
  • 具体的な学級目標の例:全員が志望校に合格する
  • 具体的な個人目標の例:各教科の受験対策問題集を解き、8割以上を理解する
  • 具体的な行動目標の例:毎日2時間、受験対策の問題を解く

FIGHT TOGETHER
(ファイト トゥゲザー)

  • 意味:ともに戦う
  • 目標とする分野の例:学業
  • 具体的な学級目標の例:学級全体で学年末の試験で平均点を前期比で5点上げる
  • 具体的な個人目標の例:数学の点数を前期比で20点上げる
  • 具体的な行動目標の例:毎日1時間、試験範囲の問題を解く

偉人の名言5選

成功は小さな努力の積み重ね

(松下幸之助-実業家)

  • 意味:成功は一夜にして訪れるものではなく、日々の小さな努力が積み重なって初めて達成されるものである
  • 目標とする分野の例:学業
  • 具体的な学級目標の例:全員が全教科の総合点を前回のテストよりも10点以上げる
  • 具体的な個人目標の例:次回のテストで400点以上の総合点数を取る
  • 具体的な行動目標の例:各教科の計画を立てて、毎日60分以上勉強する

雲の向こうは、いつも青空

(ルイーザ・メイ・オルコット-米国の女性小説家)

  • 意味:困難や問題があっても、それを乗り越えた先には必ず明るい未来が待っている
  • 目標とする分野の例:学業・困難克服力や忍耐力の育成
  • 具体的な学級目標の例:全員が自分の苦手科目の成績を一つ上げる
  • 具体的な個人目標の例:苦手科目の数学で前回のテストより10点上げる
  • 具体的な行動目標の例:毎日30分、数学のテスト範囲の問題集を勉強し、分からないところは翌日先生に質問する

私達の財産、それは私達の頭の中にある

(モーツァルト-オーストリアの作曲家、演奏家)

  • 意味:私たちが持っている最も価値あるものは、物質的な財産ではなく、知識や経験、思考など、私たちの頭の中にある
  • 目標とする分野の例:学業
  • 具体的な学級目標の例:全員が前回の数学のテストの点数を上回る
  • 具体的な個人目標の例:前回の数学のテストより10点上回る
  • 具体的な行動目標の例:毎日60分、数学の勉強をする

ハングリーであれ。愚か者であれ。

(スティーブ・ジョブズ-米国の実業家、アップル創業者 )

  • 意味:常に新しい知識や経験を求め、満足することなく探求し続けること(ハングリーであれ)。また、自分が何も知らないという意識を持ち、常に学び続けること(愚か者であれ)
  • 目標とする分野の例:生涯学習意識の育成
  • 具体的な学級目標の例:全員が自分の興味あるテーマについてプレゼンテーションを行う
  • 具体的な個人目標の例:自分が興味あるテーマを見つけ、それについて深く調査する
  • 具体的な行動目標の例:毎月一回、クラスで自由研究発表会を行う

想像力は知識よりも重要だ

(アルベルト・アインシュタイン-理論物理学者)

  • 意味:創造的な思考が学びにおいて重要
  • 目標とする分野の例:創造的な活動
  • 具体的な学級目標の例:クラスでのアートプロジェクトや発表会を通じて創造性を育む
  • 具体的な個人目標の例:自分だけのオリジナル作品を作る
  • 具体的な行動目標の例:毎週、新しいアイデアをノートに記録する

有名人の言葉5選

100点は無理かもしれん。でもMAXなら出せるやろ

(松本人志-ダウンタウン)

  • 意味:完全な100点を目指すのは難しいかもしれませんが、自分の最大限の努力をすることは可能です
  • 目標とする分野の例:学業
  • 具体的な学級目標の例:各生徒が自分の能力を最大限に発揮し、自己ベストを更新することを目指す
  • 具体的な個人目標の例:数学テストの点数を前学期比で10%向上させる。
  • 具体的な行動目標の例:毎日15分間、数学の問題を解く。

いいじゃないか転んだって、また起き上がればいいんだから

(沢尻エリカ)

  • 意味:失敗しても、再び立ち上がって挑戦し続けることが重要である
  • 目標とする分野の例:学業
  • 具体的な学級目標の例:失敗を恐れずに新しいことに挑戦し、失敗から学ぶ
  • 具体的な個人目標の例:苦手な科目に挑戦し、改善する
  • 具体的な行動目標の例:苦手な科目の勉強に毎日時間を割く

恥かけ、汗かけ、涙しろ

(ルー大柴)

  • 意味:恥をかくこと、努力すること、感情を表現することが重要である
  • 目標とする分野の例:自己向上
  • 具体的な学級目標の例:クラス全員が授業や活動に積極的に参加し、自分の意見を表現する
  • 具体的な個人目標の例:クラス討論や発表で自分の意見を積極的に述べる
  • 具体的な行動目標の例:毎回の授業で手を挙げて質問や意見を言う

きょうの我にあすは勝つ

(美空ひばり)

  • 意味:自分自身を日々向上させ、常に昨日の自分を超える努力をすることが重要である
  • 目標とする分野の例:自己向上
  • 具体的な学級目標の例:毎日の学習や活動を通じて、クラス全体のスキルアップを目指す
  • 具体的な個人目標の例:毎日の学習で前日よりも良い成果を出す
  • 具体的な行動目標の例:毎日の宿題を前日よりも丁寧に、正確に行う

自分の夢を、自分の人生に対するビジョンを持とう

(孫正義:実業家)

  • 意味:自分の将来の夢や目標を持ち、それに向かって努力することが重要である
  • 目標とする分野の例:夢や目標の設定
  • 具体的な学級目標の例:一人一人が自分の将来の夢や目標を持ち、それに向けて努力する
  • 具体的な個人目標の例:自分の将来の夢に向けて必要なスキルや知識を身につける
  • 具体的な行動目標の例:将来の夢に関連する分野の本を毎週読む

かっこいい言葉5選

逃げない、はればれと立ち向かう、それがぼくのモットーだ

(岡本太郎:芸術家)

  • 意味:困難に直面しても逃げずに勇気を持って立ち向かうことが重要性である
  • 目標とする分野の例:困難への挑戦
  • 具体的な学級目標の例:クラス全員で困難な課題に挑戦し、乗り越える
  • 具体的な個人目標の例:苦手な分野に挑戦し、克服する
  • 具体的な行動目標の例:苦手な科目の勉強に毎日取り組む

打たないシュートは、100%外れる

(ウェイン・グレツキー:元プロアイスホッケー選手)

  • 意味:挑戦しなければ成功のチャンスはないということ
  • 目標とする分野の例:積極的な挑戦
  • 具体的な学級目標の例:クラス全員が新しいことに挑戦し、可能性を広げる
  • 具体的な個人目標の例:新しい活動や趣味に挑戦する
  • 具体的な行動目標の例:未経験のクラブ活動や習い事に参加する

自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ。

(ボブ・マーリー:レゲー歌手)

  • 意味:自分の人生を受け入れ、愛することが大切
  • 目標とする分野の例:自己受容と自己実現
  • 具体的な学級目標の例:自分の長所を認識し、それを生かした活動に取り組む
  • 具体的な個人目標の例:自分の好きなことや得意なことを見つけ、それを伸ばす
  • 具体的な行動目標の例:自分の興味や趣味に関連する活動に参加する

優しさこそ、ほんとうの強さだ

(ボブ・マーリー:レゲー歌手)

  • 意味:優しさが本当の強さであるという考え方
  • 目標とする分野の例:思いやりと協力
  • 具体的な学級目標の例:クラスメイトに対する思いやりを持ち、助け合う
  • 具体的な個人目標の例:他の生徒を助け、支援する
  • 具体的な行動目標の例:困っているクラスメイトがいたら積極的に手助けする

笑い声のないところに成功はない

(アンドリュー・カーネギー:実業家・鉄鋼王)

  • 意味:笑顔とユーモアが成功への重要な要素である
  • 目標とする分野の例:ポジティブな学習環境
  • 具体的な学級目標の例:楽しく学べるクラス環境を作る
  • 具体的な個人目標の例:学校生活を楽しみ、ポジティブな態度を保つ
  • 具体的な行動目標の例:毎日笑顔で学校に来て、友達と楽しく過ごす

オーソドックスな例5選

一歩ずつ、前へ進もう

  • 意味:小さな一歩でも良いので、常に前進し続けることの大切さを表します
  • 特徴:短くてシンプル、進歩というポジティブなメッセージを含んでいます

失敗は成長の種

  • 意味:失敗を恐れず、それを成長の機会と捉えることを奨励します
  • 特徴:簡潔で覚えやすく、失敗をポジティブに捉えるメッセージが込められています

みんなで支え合うクラス

  • 意味:クラス全体で協力し合い、支え合うことの重要性を強調します
  • 特徴:共感を呼び、クラスの一体感を高めるメッセージです

夢に向かって、一緒に走ろう

  • 意味:各自の夢に向かって努力すること、そしてその過程で互いに支援し合うことを促します
  • 特徴:励ましと共感を促すフレーズで、目標に向かう意欲を喚起します

笑顔あふれる毎日を

  • 意味:学校生活を楽しみ、ポジティブな態度を持つことを奨励します
  • 特徴:明るく前向きな雰囲気を醸し出し、学校生活の楽しさを伝えます

学級目標:シンプルなキャッチフレーズの使い方!ポイントと注意点

シンプルなキャッチフレーズを使う際のポイントや注意点を、中学校の学級目標設定の観点から説明します。

キャッチフレーズのポイント

  1. 明確性: キャッチフレーズは、その目標が何であるかを一目で理解できるほど明確である必要があります。複雑な言葉遣いや専門用語は避け、シンプルで直接的な表現を使いましょう。
  2. 短さ: 簡潔性が重要です。長すぎるフレーズは覚えにくく、インパクトを失います。できるだけ短く、要点を絞ったメッセージにしましょう。
  3. モチベーション向上: 生徒が行動を起こしたくなるような、ポジティブで刺激的なメッセージを含めることが大切です。目標達成への意欲を高める言葉を選びましょう。
  4. 共感性: 生徒が自分事として受け止められるような、共感を呼ぶフレーズが効果的です。生徒の興味や関心、経験に基づいた言葉を選びましょう。
  5. 記憶に残る: 繰り返し使われることで、生徒の心に残るフレーズを作りましょう。リズム感がある、韻を踏んでいるなど、耳に残りやすい特徴を持たせると良いです。

注意点

  1. 過度な期待を避ける: フレーズが現実離れした過大な期待を生むような内容であってはなりません。現実的で達成可能な目標を設定しましょう。
  2. 一貫性: 学級の目標や価値観とキャッチフレーズが一致していることが重要です。目標とフレーズが異なる方向を指していると、混乱を招く可能性があります。
  3. 文化的感受性: 文化的背景や個人の感情を尊重する言葉を選ぶことが大切です。不適切な表現やステレオタイプを避け、全員が快適に感じられる言葉を使いましょう。
  4. 更新の可能性: 時間が経過するとともに、キャッチフレーズの魅力や影響力が薄れることがあります。定期的に見直し、必要に応じて更新することを検討しましょう。

これらのポイントと注意点を踏まえることで、効果的なキャッチフレーズを作成し、学級目標の達成に向けて生徒を励ますことができるでしょう。

まとめ

この記事でご紹介したキャッチフレーズは、あくまで一例です。より具体的な目標は、それぞれのクラスや生徒たちのニーズに合わせて設定してください。

また、これらのキャッチフレーズは、生徒たちが自分たちで考え出すことで、より深く理解し、具体的な行動に移すきっかけにもなります。

生徒たちが主体となって目標設定に参加することで、より高いモチベーションを維持し、学習意欲を高めることが期待できます。

クラス一丸となって決めたキャッチフレーズが、生徒たち一人ひとりの成長と、より良い学校生活を送るための道しるべとなりますように。

-学校