Pocket

 

「最近の自動車はとても便利になりましたね。」

 

自動車の「スマートキー」を持っているだけで
ドアの解鍵や施錠も出来ますし、
エンジンの始動も出来る時代です。
(カード型もありますね。)

 

そんな便利になった自動車業界ですが、
その「スマートキー」を紛失したら
一体どうしたらいいのでしょうか?

 

ここでは、自動車の「スマートキー」を
紛失してしまった場合の対応や対処方法、
スマートキーに掛かる費用を調査しました。

 

是非、紛失してしまった時の参考にしてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

緊急!車のスマートキーを紛失してしまったときに取るべき対応は?

 

先ずは、下記の項目を見て対応を願います。

  • 落ち着いて状況を把握する
  • 最後に「スマートキー」を見た記憶を思い出す
  • スペアキーがあるか確認する
  • 商業施設に外出した場合はお客様コーナーを確認する
  • 警察に紛失届けを提出する

大事な自動車の「キー」を紛失したら
誰だって焦ってしまいますよね。

 

ましてや、出勤時間だったら尚更です。

 

なので、まずは冷静になって状況を確認し、
見直す所があれば見直して貰い
連絡ができるようなら連絡をしてください。
(出勤時間なら同僚に連絡して迎えに来てもらうとか)

 

3番目にあるスペアキーがあれば
応急的な対応が可能ですし、
記憶を辿って「ピン」ときたらそこを探すのも
良い対応ですね。

 

スポンサードリンク

 

スマートキーにかかる費用とそれに付随する費用を各ディーラーに聞いてみた!

 

 

どうしても「スマートキー」が見つからない場合は、
鍵屋かディーラーに依頼することになります。

 

鍵屋に依頼するとその場で鍵の作成は可能
という面では良いと言えます。

ディーラーに依頼するメリットとしては、
確実に同じ鍵を作成出来るのと
鍵ごと交換が可能な点です。

 

鍵ごと交換すると
紛失してしまった鍵は使用できなくなり、
悪質者に大事な車を悪用されなくて済みます。

 

各ディーラーで
「スマートキー」を作成依頼した場合に
掛かる費用としては、
約10000円〜の費用がかかると
頭の片隅に 入れておくと良いでしょう。

 

また、作製日数としては約1ヶ月程かかります。

 

各ディーラーでの「スマートキー」作成費用
(スマートキー、スペアキー、イモビライザー設定等の合計費用)
(車種による)

トヨタ:18000円〜
ホンダ:30000円位
日産:13000円〜
ダイハツ:15000円〜
スズキ:14000円〜
ミツビシ:15000円〜
外車:国産車より高額

 

各ディーラーでは、
約10000円〜の費用が掛かるのが
今回の調査で分かりましたが、
これはあくまでも参考値ですので、
乗られている車種によっては高額になるケースもあります。

 

スポンサードリンク

 

スマートキーを2度と紛失しないための持ち歩き方

 

個人的の意見ですが、無くしては困る物は
肌身離さず持っているべきだと思います。

 

それはなぜかと言うと、もしカバン等の中に
「スマートキー」を入れて置くと
カバンを何処かに忘れた場合は
「スマートキー」も一緒に忘れてしまうし、
カバンの整理がされて無くて
「スマートキー」が何処に行ったか
分からないケースも起きてしまいます。

 

紛失しない為の持ち歩き方としましては、
鍵は鍵で一緒にして置くのが一番だと思います。

 

今はオシャレなキーケースありますし、
カード型ならカードケースを利用すると良いかと思います。

 

後は、自宅の部屋でも
鍵の置く場所は「ここ」と決めて、
そこだけに置くようにして置くといいと思います。

 

万が一、忘れた場合でも
そこを見返せば鍵はそこにあるので安心ですね。

 

まとめ

 

車の「スマートキー」はとても重要な物といえます。

 

紛失した場合は、
約束の時間に間に合わないことが起きたり
作製依頼をすれば高額な出費が発生したりします。

 

また、最悪のケースだと悪質者に
大事な車を悪用されトラブルに巻き込まれる
可能性だってあるかもしれません。

 

便利な世の中になりましたが、
自己管理を徹底しないと思いがけないトラブルが
あなたを待ち受けるかもしれません。

 

スポンサードリンク