Pocket

温かくなってくると、
室内にいても、
夜だと害虫と対面してしまう時が良くあると思います。

特に夏場、よく見かけるのはゴキブリ。

名前を見るのすら嫌な人も多いくらいに
嫌われものな虫ですが、
一度湧き始めると駆除するのも一苦労。

直接殺すのも嫌……
という方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな方の為に、
ゴキブリ退治のプロフェッショナル
アシダカグモ』について紹介しようと思います。

見た目は蜘蛛なので嫌かも知れませんが、
その腕前と確かな効果を知れば、
対ゴキブリ用の最終兵器として
考えてもいいと思うかも?

ご一読の価値はありますよ!

それでは早速参りましょう!!

スポンサードリンク

アシダカグモは益虫?!見た目は気持ち悪いがなつくって本当?!

なつく蜘蛛

蜘蛛は益虫が多い

蜘蛛という生き物は、
毒蜘蛛など、
悪いイメージもありますが、

日常においては人間にとって無害で、
むしろ羽虫や家の中に発生する
衛生害虫などを捕食してくれる、
益虫としての側面が強い虫です

アシダカグモもまた、そんな蜘蛛の一種で、
見た目はその名の通り足が長く、
一般的には『気持ち悪い』『グロテスク
と言われやすい外見をしていますが、

性質的には大人しく、
人間には危害を加えません

長い脚を持ち、
巣を張らずに家の中を動き回り、
獲物となる虫やネズミなどの小動物を捕食します。

よくなつくと言われているが……

これは噂として広まっている話ではありますが、
実際にはアシダカグモは人になついたりはしません

飼育していると、
ピンセットから餌を直接受け取ったりして、
意外とかわいいところもあるように感じるようですが、

慣れによって
ピンセットが近くに来る餌が近くに来た』と
判断しているにすぎないのです。

アシダカグモは上の見出しでも紹介したように、
大人しく人に害をなさない為、
こういった要素を見て
アシダカグモは人になつくんだ」という風に
考えた人がいたのかもしれませんね。

スポンサードリンク

アシダカグモは購入できるの?平均価格はどれくらい?飼育方法は?

ペットショップ

アシダカグモは意外と家の中に居たりする

アシダカグモは、
元々は外来の蜘蛛なのですが、
現在では日本に定着し、
民家の中で普通に生息していたりします

昼間は雨戸袋や天井裏、
家具の裏などに潜んでいる為、
その存在には気づきにくいですが、
夜中、トイレなどで歩いていると突然遭遇して……
という状況に陥った方もいるかもしれませんね。

アシダカグモの平均価格は1500円

では、そのアシダカグモの価格はいくらくらいなのでしょうか?

オークションサイト『ヤフオク』で調べますと、
平均した価格は1500円前後のようです。

ただし、三匹セットで600円だったり、

一匹だけで2000円だったりと、
あまり価格的には安定していない模様。

虫をメインに扱っている
ペットショップでも購入できますが、
価格は店によってまちまちといったところです。

飼育方法はそんなに難しくない

アシダカグモは、
基本的に飼育にそんなに手間のかからない虫です

室内で飼う場合、
100円ショップなどで買える
プラケースに土と水入れを設置し、
餌となる小さな虫
(コオロギやハエ、餌用ゴキブリなど)を、
週一程度の頻度であげるだけで生育できます。

虫の飼育には
温度管理などが重要なものも多いのですが、

アシダカグモにとっての適温は
人間とほぼ同じ範囲の為

人間にとっての適温の範囲内となる室内飼いであれば、

暑さ寒さで死ぬという事はありません

放し飼いする場合

アシダカグモを益虫として利用する場合、
家の中に放し飼いにする事となりますが、
基本的に人間側が注意する事は三つほどあります

分かりやすく説明すると以下の通りになります。

  1. 天敵となる、猫や犬などは飼わない

    アシダカグモは
    様々な虫や小動物を捕食しますが、
    流石に猫や犬などには敵いません。

    特に猫は気まぐれでアシダカグモを攻撃し、
    殺してしまう事も多く

    アシダカグモにとっては脅威となります

    これらの動物を放し飼いにしている方には、
    アシダカグモの放し飼いはお勧めできません。

    勿論、人間が気づかずに踏みつぶしてしまう
    という事もあるかもしれませんので、足元にはご注意を。

  2. 殺虫剤などの散布は絶対にしない事

    アシダカグモも虫ですので、
    様々な虫を無差別に殺す殺虫剤を撒かれると、
    それだけで死んでしまいます

    一応、今の時代特定の虫だけを
    殺すような殺虫剤もありますが、
    あまりアシダカグモにとっては良い環境とは言えない為、
    殺虫剤の類は使わないようにしましょう。

  3. 餌が家の中からいなくなったら家から出ていく

    アシダカグモは、
    餌となる虫や小動物がその家に居れば、
    その間はずっと家に居続けてくれますが、

    餌となるものがいなくなれば、
    餌を求め家を出て行ってしまいます

    これに関しては止める手立てはほとんどない為、
    益虫としてアシダカグモを放し飼いにしたい場合、
    別れは突然来るものと思っておいてください。

    一応、餌となる虫を
    常に用意し続ければ居続けてくれますが、
    それでは本末転倒というものなので、
    別れは潔く受け入れましょう。

スポンサードリンク

 アシダカグモはゴキブリを捕食する益虫!ゴキブリ用殺虫剤が不要に?!

害虫

アシダカグモはゴキブリを捕食してくれる

近年アシダカグモが注目される最大の理由は、

ゴキブリを捕食し、全滅させてくれること
これに尽きます。

アシダカグモは、
家庭内に湧いた虫などを捕食してくれますが、

この中でも特に駆除が困難なゴキブリを、
簡単に捕獲し捕食する事が出来るのです

一晩で数十匹食べたという話や、
数匹いれば半年で
その家のゴキブリが全滅する
という話もあり、

放し飼いする事による害虫駆除能力は、
他の益虫や殺虫剤と比べても破格の能力と言えます。

殺虫剤要らずなアシダカグモ

アシダカグモを購入する場合、
オークションサイトやペットショップなどで、
比較的簡単に安価で手に入れられ、
ペットとしても年数的には数年生きられる為、
比較的低難易度で飼育できるペットと言えます。

また、益虫としての側面を活かす為に
放し飼いをする場合も、
餌を効率的に獲得できるだけの能力がある為
放置するだけでよく、手間が一切かかりません

流石に殺虫剤一本よりは高くつきますが、
殺虫剤が何本あっても
駆除しきれないゴキブリを
容易に全滅させてくれる為、
とても心強い味方と言えるでしょう

もし貴方がゴキブリを
どうにかして全滅させたくて、
家の中で大きな蜘蛛と鉢合わせるハプニングを
苦と思わないなら…、

これは絶対的にお勧めできるプランだと思います。

スポンサードリンク

アシダカグモについて調べてみたまとめと感想などを

アシダカグモは、
近年では『軍曹』『姐さん』などと呼ばれ、
ネット上などでは愛されている傾向の強い虫のようです。

筆者も虫そのものは
そんなに好きな方ではありませんが、
家が田舎なもので蜘蛛やヤモリといった、
虫を食べてくれる小動物には
ある程度の好感を持っていました。

ゴキブリなんかは自分で駆除するより、
こういったゴキブリを餌にする虫に任せた方が、
却って効率がいいのかもしれませんね。

人間では見えない
家具や家電の裏に潜む害虫も、
同じサイズのアシダカグモなら
容易に捕らえられるんですね。

巣を張る事もないので、
家が糸だらけになることもありませんし、
たまにでくわして驚かされること以外は、
イイコトばかりな益虫のように思えます。

勿論、蜘蛛嫌いな人の前には
お出しできないプランですが、

こういう、
見た目は気持ち悪いけど実は益虫
という虫って結構いて、

例えば、
ムカデなんかは見た目がグロテスクで、
更に時々人を噛むという問題もありますが、

実はあれも
ゴキブリなどの害虫やネズミを捕食してくれる、
益虫としての側面があって、
ムカデがいる事でゴキブリなどの繁殖を
一定数抑えられたりします。

でも「ムカデは嫌」っていう人も多いのでは?

見た目で損してる虫、
結構いる気がしますよね。

どうかこの記事を読んだ方が、
アシダカグモという益虫と
上手く付き合う事が出来ますように。

スポンサードリンク