Pocket

 

初めての子育て。

それだけでも、不安がいっぱいの中

仕事との両立…

 

想像していた以上に大変で

予定通りにはいかない日々に

体だけでなく、心も疲れてしまってはいませんか?

 

自分で仕事復帰を決めたんだから

頑張らなきゃ…

 

そう頑張りすぎてはいませんか?

 

子育ても、仕事も

まずは体と心が元気でなければ頑張れません。

 

体の疲れはゆっくり寝たら

多少は楽になりますが

心はそうはいかないものです。

 

心が風邪をひいてしまう前に

 

ママの上手な心の休息の取り方や

先輩ママのアドバイス

大変な時期の乗り越え方をまとめていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

子育てしながら仕事をするのは正直しんどい!
休息の効果的なとり方は?

 

子育てをしながら仕事をするのが

「しんどい」

と、感じるのはなぜでしょう?

 

仕事をしていると、ママは子育ての他にも

炊事に掃除・洗濯

疲れていても、やることが山積みですよね。

 

今日も一日忙しく

子供の相手をあまりしてあげられなかった…

イライラして怒ってしまった…

 

子供の寝顔を見ながら

落ち込むこともあるのではないでしょうか?

 

まずは「こうでなくてはならない」

という考えは、頭の中から排除してください。

 

パパに「辛い」を正直に話すことも大切です。

男は口に出して言わなければわかりません。

 

ママにだって休息は必要です。

 

パパに相談して、数時間

子供を見ていてもらうだけでも違います。

 

一人で買い物や美容院に行くのもいいでしょうし

疲れがたまっていて休みたいなら

パパに子供を外に連れ出してもらい

その間にゆっくり休ませてもらうのもありです。

 

その他

孫の顔を見せに行くついでに

子供をママかパパの実家に預けて

久しぶりにパパと二人でお出かけするのもいいでしょう。

 

普段も保育園に預けているのに…

その上、休日まで誰かに預けるなんてかわいそう。

 

そう思うママもいるかもしれませんが

子供は、疲れて元気がなかったり

イライラしているママよりも

 

笑顔でいるママが大好きです。

 

自分の時間を作るために

時々子供を誰かに預けたとしても

決して、ひどいママではありません。

 

スポンサードリンク

 

仕事をしながらの子育てには悩みはつきもの⁈
先輩ママからのアドバイス

 

働くママにはたくさんの悩みがあります。

私もそうでした。

 

パパが子育てや家事に非協力的

 

でも、それは

自分でやった方が早い!からと

お願いしなかった自分にも原因がありました。

 

ケンカ腰ではなく

正直に、疲れてるからお願い。

と、お願いしてみると

案外すんなり手伝ってくれたのを覚えています。

 

早退や欠勤が多くなり同僚に申し訳ない

 

これはもう、職場の理解がすべてです。

職場復帰、または就職する時

下手に嘘はつかず

家庭の事情で、ご迷惑をおかけしてしまうこともあります。

と、正直に話しておきましょう。

 

そして、感謝の気持ちをきちんと伝えてください。

 

もっと子供との時間を持ちたい

 

一日子供と一緒にいる時間は少なくても

その分、たくさんたくさん

愛情を注いであげたらいいのです。

 

ご飯のとき、たくさんお話をする。

一緒にお風呂で触れ合う。

それだけでも、子供にはしっかり愛情が伝わります。

 

子育ても仕事もどっちも大事!
どうやって大変な時期を乗り越える⁈

 

まずは、頑張りすぎることをやめることです。

働くママは、外でとても頑張っていますよね?

 

仕事に手を抜くことはできませんが

家事なら、上手に手を抜く方法もあります。

 

疲れた日は

お惣菜やレトルト・冷凍食材をうまく活用する。

 

買い物や料理の手間を省くため

食材宅配をお願いするのもありです。

 

子供がまだ赤ちゃんなら

離乳食もベビーフードを大いに活用しましょう。

 

洗濯を洗濯機に任せるように

食器洗いは食器洗浄機に任せる。

 

掃除は、ロボット掃除機に任せてしまえばいいのです。

テレビを観ているパパに

コロコロを持たせるのも一つの手です(笑)

 

使えるサービスや便利な食材

頼れる人に頼ることは

決して甘えなどではありません。

 

活用できるものは活用する!

それが大変な時期を乗り越えるコツです。

 

まとめ

もう少し大きくなったら、楽になるわよ。

 

その「もう少し」って

どれくらい先の話ですか?

 

今辛いのに、「もう少し」なんて言われても

先は見えないものです。

 

いつか楽になる先のことを考えて頑張るより

今、できる「工夫」を探すことが

ママの負担を大きく減らしてくれます。

 

「手を抜く」という言い方をしてしまうと

さぼっているようなマイナスのイメージを持たれるでしょうが

 

手を抜く=さぼるではなく

手を抜く=効率よくする工夫

 

なのです。

 

それに必要な、食器洗浄機やロボット掃除機など

思い切ってご主人におねだりしてみてはいかがですか?

 

スポンサードリンク